花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

うつ病は真面目病です

camp-fire.jp

こんにちは、花子です。

 

前にこんな記事を書きました。

 

hanakoutu.hatenablog.com

 

ここで私は、うつ病は真面目病であると言いました。

なんで、こんなにも偏見が多い病気なのだろうと考えています。

そうしたものを、考えてちょっと書きます。

 

●何故そうなったのか

うつ病になり、昼寝をしたりしているのですが、どうしても周りからは怠け者に見えてしまうようなのです。

しかし、今はそうです。だって、病気を治療している最中だから。

でも、何故うつ病になったのか考えてほしいのです。

必死で働いたり、必死で人に合わせたり、必死で悩んだり、その結果がうつ病です。

うつ病の人に関しては、今ではなく過去を見てほしいというのが正直な気持ちです。

動きたくても、うつ病になると動けなくなるのです。

でも動けないのは、今までほかの人以上に動いてきた証拠。

どうか、理解してあげてください。

 

●少しおかしいのは

グループカウンセリングに通ったりすると、自分の病気を客観的に見ることができるのですが共通して言えるのは挙動不審。

たぶん、私も外でそうなんだと思います。現に、久しぶりに妹と電話で話した時に話し方が変だよと指摘されました。

うつ病になって、さらに人に気を遣うようになって、しゃべり方から動きもすべて。

そうしたら、いつの間にか挙動不審になっていたんですよね。

でも、それをどうか「おかしな人」で片づけないでほしいのです。

必死で人に気を使っているだけなので。

必死に何かと戦っているだけなので。

 

●そういう人種もいます

ある言葉を投げかけられたことがあります。

「もっと人生、うまくやらないと。だから、うつ病になるんだよ。」

これ言われたときに、パニックになったのを覚えています。

人生をうまくやるって、どんな感じなんでしょうか。

わかりませんね、今考えても。

私たちうつ病患者は、社会不適合者なのでしょうか?

いや、それも違う気がします。日本って、どこか多数派が正常ってところがあると思いますね。

差別がないように見えて、大きな差別があると思います。

そういう真面目で手抜きができない人種もあるってことです。

そこを認めない限り、うつ病患者は減らないと思いますね。

 

●私にできること

こういう情報を発信している身として、できることはあると思います。

たぶん、その最初が起業という形になりました。

ここまで理解がないのかという、ショックな気持ちは大きかったですね。

でも起業するだけでは意味がない。それで自分だけが治っては、意味がないのです。

還元すること、うつ病の経験を広める活動が絶対的に必要でそこと起業に繋げたらフリーペーパーという結論になったんです。

この考えっておこがましいかも知れない、という葛藤はあります。

でも、やっぱり自分と同じようにはなってほしくないですね。

なので切実に思います。

絶対に、やらなきゃいけないって。

どうか、広めていただけたらと思います。