花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

もしまた会えたなら

こんにちは、花子です。

 

私は、少し前にブログを追い出されましたと書いたと思います。

でも、追い出されたとはいえ、恨み言はないんです。

そもそも、お互いに精神疾患を抱えた人間同士。

 

そこに関わるからには、お互いに迷惑をかけて仕方ないと思うし、私も当時は精神的に参っていた時期ですからね。

私にかなり非があった会ったと思いますね。

 

こうやって冷静に考えることができたのは、少し治療の効果が出ているのかなと実感します。

 

実は少し前に、その人にLINEを送りました。ブロックされてても仕方ないのですが、それでもお詫びだけはきちんとしなければと思ったんです。

 

それに、起業プロジェクトを立ち上げさせてもらっているので、もしよければ一緒にとも思ったんです。

 

でも少し焦っちゃったみたい、プロジェクトはまだ進んではいないし、向こうからしたらほとぼりは冷めていないのかもしれません。まだ返信待ちです。

 

だから、いつかプロジェクトが軌道に乗ったら、本当にいつかね。。。

 

実は、しばらく怖くてその人のブログをチェックしてないんですよ。本当は検索すれば簡単に見ることができるのに。

 

自分がいなくなった後の、そのブログがどうなっているかなんて怖くて受け止められなくて。

 

ブログ記事を殆ど私が書いていたから、大丈夫かなって心配はあるんです。

ちょっとだけ空回りしやすい人だったし。。。ブログの進展に焦りも感じていたみたいで。

やっぱり同じ精神疾患を抱えているので、無理はしていないかなっていうのはありますね。だれか、その焦りを止めてあげる人はいるのかなって。。。本当は一番抱え込みやすい人だとは思うので、それに責任感が強いから、いろいろ大変なんだろうなって思いますね。

私が、もっと強ければとは思うんですよね。強くなかったから、その人を傷つけてしまった。その人の焦りを私が増してしまったのかもしれない、負担をさらに持たせてしまったかもしれない。

そういうことを、思ってしまうんですよね。

 

早めにプロジェクトを勧めて助けてあげたいんですけど。

 

友人とかにこれを言うと、私は甘いといわれるのですが、どうしても自分の中の何かがほっとけないって信号を出してしまうんですよ。

 

だからいつか

その人に会えたなら