花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

誰にも言えなくて パワハラの現実

こんばんは、花子です。

私の病名は、うつ病心因性歩行障害、心因性難聴です。

 

この前病院に行ったときに、実はとある宣告を先生にされました。

しかし、私はそれを受け止められなくて、でも受け止めないといけなくて、なんか戸惑ってしまい体調はすぐれない日々が続いています。

 

でも、こういうブログを書いているのならちゃんと書いて、きちんとわかってもらおうと思って覚悟しながら書いてます。

 

ケースワーカーさんとも話をして、今後の治療についても話し合いになりました。

入院とかになれば大きい病院との提携先があるので、主治医は変えなくてよくなりました。

 

投薬治療はしばらく、私の希望でストップ。しかし、母には頓服薬と睡眠薬を預けて、どうしても辛いとき眠い時には飲むようにといわれています。

 

そんな時に、先生に聞きました。

「私の足と耳は、いつ治りますか?」

これは、最近切実に感じる疑問でした。

杖をついて歩き、右耳は殆ど聞こえず頑張って音を拾うという生活。

これは、本当に苦痛でしかありません。

その苦痛と戦っていると、わからなくなります。何と戦っているのか。

いつまで戦うのか。そういうのが積み重なっていくと、イライラが貯蓄させれいくのです。

 

「ご家族と一緒に来た時に話をしましょうか?」

と先生は言いました。しかし、

「話してください。」

と私は言いました。早く答えを知りたかった。

「いいですか。花子さんは今、本当はストレスがない状態です。作る原因がない生活をしています。仕事のことを忘れ、好きなことをして生活しています。でも、それでも治らないことを見ると、長期にわたるか、一生抱えていかないといけません。これは推測でしかありませんが、その覚悟をしなければいけない時かもしれません。まずは、仕事を辞めてから経過を見ましょう。」

こう言われました。

 

一生、抱える。。。

これを?

 

どうやって病院を出た覚えてないんです。お会計はしたし、薬も取りに行ったけど、どんな気持ちだったか全然思いだせないです。

 

でも、なんか人に話せなくて。

 

ブログにもかけなくて、どうしようかなって。

 

でも、ここれ落ち込んだら駄目だなって。

 

だから書きます。

 

私のこの状況が、パワハラの現実です。

それでも、保証も何もないのがパワハラです。

 

すいません

 

いまはここまでしか、賭けないです。