花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

うつ病は白旗宣言ではありません

こんばんは、そういえば昼食を食べ忘れていた花子です。

どうりで夕飯が、めちゃくちゃおいしかったわけだw

 

さっき、夕飯の片づけをしているときに急にタイトルが降ってきました。

 

ごめんなさい。

告白します。

 

私はうつ病になる前に、やっぱりうつ病患者に偏見を持つような健常者でした。

うつ病だというブログとか見ると、甘えているとか思ったのも私なんです。

だから、うつ病と言われたときに、

自分が精神科を受診した恥ずかしさもあって、誰にも言えませんでした。

 

つまり、数年前の私が一番にうつ病に対していやな考えを持っていました。

 

何かしたいとか今言ってますけど、私は反対側の人間でした。

私が一番、うつ病になって負けだと思ったんです。

 

自分の知らないところで、自分の人生の敗北宣言をされた気になったんです。

 

受け止めるには時間がかかり、毎晩のように薬を飲むときに覚悟をしていました。

治すはずの薬を、毒薬を飲むかのように感じていました。

 

しかし、今までとは違う自分。不安は何倍もあるし、人目も何倍も気になるようになりました。

しかも、病気だと信じていなかった私は、それを気のせいだと思っていました。

休養なんてするものか、こんな病気すぐ治ると病気と向き合っていませんでした。

 

向き合ってない分、治す努力をしてなかったから、どんどん不安になる。

どんどん苦しくなります。そして眠れない毎日。

 

それで限界を感じ心を折れそうになり、私はようやく覚悟します。

病気と向き合おうと。

 

そして反省します。

うつ病ってこんなに苦しかったんだと。

辛くて、苦しくて、悲しいが24時間続く病気。

 

ごめんなさい。

心が折れて朝起き上がれなくなる体験も、雨のときに具合が悪くなる経験もなかったから、それを経験してようやくわかった。

 

うつ病って、変な病気じゃない。

ほかの病気と同じで、苦しいんだ。

 

そこでいろんな同じ病気の人のブログやホームページを見て、これもすべて本当なんだ。

 

だから、そういう人たちに罪滅ぼしもあってブログをやってる部分もあります。

 

うつ病は、負けではない。

それを一番に実感しているのは私です。

 

自分が過去に思っていたことを、周りから言われる。

 

だから理解がないことを実感できます。

 

自分が思ったことも踏まえて、これからは理解を広めていきます。偏見ばかりの自分から変われたことは、うつ病になってよかったこと。

 

だから、うつ病に恩返しすつもりで、私はブログを書いていきます。