花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

助けて助けられて

おはようございます、花子です。

 

助けを求めるのも勇気がいりますが、困っている人に手を差し伸べるのも勇気がいります。

 

今日はそんなお話。

 

●助けてと言えない現実

困ったときに、悩んだ時に、苦しい特に、本当に言いたい言葉は

「助けて」

ではないでしょうか。

でも、それが簡単に言えないのも現実です。

それが積み重なって、積み重なって、私たちは病気になっているような気もします。

なんで言えないのか。なぜ人は、助けてもらえると思わないのか。

多分、あまり人に期待していないのかもしれません。

それって、少し悲しいですよね。

助けてくださいが言えない現実を、もっと深刻に考えなきゃいけないですよね。

 

●手を差し伸べるのに勇気がいる現実

誰かが道端で転んだ時、あなた躊躇せずに手を差し伸べることができますか?

私は、やっぱり躊躇してしまいます。

手を差し伸べたところで、本当にその人が自分の手を握ってくれるだろうかと勘ぐってしまうんですよね。

でも、本当はこんな考え方はいけないって思ってます。

何も考えずに、とっさにてを差し伸べられたらいいんですけどね。

それって、意外と難しくて。

でも本当はみんなが思っている。たすけたいって。

だって、この世の中、そんなに冷たい人ばかりじゃないでしょ?

私は変わりたい。すぐに困った人に手を差し伸べられる人間に。

 

●やっぱり大事

私は、杖をついて歩いています。

狭い道や、人込みは杖が突くのが大変です。そんなときに、支えてくれる人たちがいます。私を見かねて、手を差し伸べてくれるのです。

そんなとき、本当に感謝しますね。

あっ一人じゃないんだって思います。

そう考えると、やっぱり助けたり、助けられたりって、大事なんですよ。助けられると、やっぱりうれしいし助かりますから。

だから、助けてっていうのは必要です。そうじゃないと、人との繋がりがなくなっちゃう。

持ちつ持たれつで、いいんじゃないでしょうか。

 

●まとめと結論

なかなか気持ちがまとまらないまま書いてしまって、なんか支離滅裂ですいません。

伝えたいことがあるのに、なかなか文章にできてない。

でも、言いたいのはたまには助けてもらうのは大事だってこと。

私の周りにも多いですが、弱音とかを吐くのは情けないことっていう意識が強い人が多いんです。

もっと頼ってほしいなとか思いますが、なかなかできないんでしょうね。

助けてっていうほうが楽なのに、助けてっていうことに変なプライドを持っている人が多いなって思ってしまいます。

だから、これを読んだ人に言いたいのは、助けてというのは、相手のためだと思ってください。

頼られると人って、うれしくなりますから。