花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

後ろなんて振り返らない パワハラの現実

こんにちは、これから少しだけ出掛ける用事のある花子です。

まだ、大丈夫かな。

 

もう少しで、私は職場を退職します。

正直、復職は難しいかもしれないけど、この日が来るのが怖かったです。

 

もしかすると、私のやってきたことは無駄になるんじゃないかという恐怖で時々怖くなります。

 

そんな時に、

「頑張ったよ。」

と言ってくれる人がいました。

何気ない会話の中で、急にそう言われたのです。

「こんな形になってしまったかもしれない。でも、花子は誰よりも頑張った。」

 

母です。

 

実は、家族に罪悪感があった私。働いていないし、もっとうまくやれば続けられたんじゃないかと思うところもあります。

 

でも、その言葉で報われた。

 

パワハラって、被害者が罪悪感を抱えてしまうパターンが多いそうです。パワハラによって心も傷がつきボロボロで、それに働けない。

そんな中で、もっともっと自分を傷つけてしまう。

トラウマは時間だけでは解決できないし、すぐには消えてはくれません。

 

それをきちんと把握している会社も、残念ながら少ないのが現実。

 

どうやったらパワハラを回避できただろうと考えるけど、答えは見つかりません。

 

でも、そういうときの解決法を最近見つけたんです。

前を見ること

君は頑張ったから、もう後ろを振り返る必要なんてない。

だから、明るい未来だけを想像して前を向くことを答えにしたんです。

 

会社は君がいなくなって本当は大変なはず。でも加害者側だから、それを認めることができないんです。

 

パワハラをした人間は、普通に仕事をしていると思いますか?違うと思います。

どんな人間であれ、心はあるのです。

何か突っかかりがあるはずです。

 

いつか、パワハラをした人間が羨むような人生を送ってやる!

今はそれでいいんです。

 

そして、少しだけ楽になったら、それに向かって突き進むのみ。

 

私はもう、後ろなんて振り返らない。

 

待ってろ!明るい未来!!