花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

一日を生きる軌跡

おはようございます、朝食をかなり食べ過ぎた花子です。

 

休職中、家事を積極的にはしていますが、仕事をしていた以上の充実感がなく、最初はなにをしていいかわかりませんでした。

時間を持て余している感じもして、毎日がしんどいと思うときがありました。

 

今日は、そんな一日を変えてみることについて書きます。

 

 

●自由だってこと忘れてない?

休職中や仕事を退職すると、今までの生活とは違うため戸惑いが生じます。

働いてないことに罪悪感を持つ人も多いのではないでしょうか。

でも、考え方を変えてしまえばそれは「自由」なのです。

家で何をしても、文句も苦情の来ない時間。

仕事のように、ミスをして怒られたりはしないのです。観たかった映画を観たり、ずっと本を読んでいたり、今までできなかった趣味をしてみたり。

その時間は、人生でとても貴重なものですよ。だったら自由を楽しまないと。

もし家に誰もいないなら

「自由だー!」と大きな声で言ってみると、意外と吹っ切れて一日を過ごすことができます。

 

固定観念を全部捨ててしまう

大人になれば「働く」。これは、別に義務ではないと思うんですよね。確かに、税金とかは払わないといけませんけど。。。

でも、休職中や退職したら、今すぐには働けないんだもの。しょうがないやと思うしかないのです。

働いていた時って、意外と固定観念に縛られがちなのです。休職や退職後も、その固定観念に縛られて生きている人も多いはず。

はっきりいいます。そんなもの、「働く」から離れれば全く必要がありません。

自分を苦しめてしまうだけです。

私たちは、働きたいけど働けないだけ。別に、周りに迷惑をかけているわけではないのです。

固定観念を捨てて、楽に過ごしていきましょう。

 

●心の中の整理整頓

休職や退職をした人には、必ずと言っていいほどトラウマや心の中に傷ができていたり、何か心に重たいものを抱えていたりという人が多いような気がします。

時間があるのなら、その心をリセットすることに努めてみるのもいいのではないでしょうか。今は、そのために休んでいると考えれば、少しは気持ちも楽になれるはずです。

今まで泣けなかった分、涙を流して泣くことも心にはとても良いことです。

私も休職して三か月で、ようやくそのことに気づいたのです。

心の中の掃除って、なかなかできないですからね。いろんなものが蓄積されてしまって、 どこで解消してよいのかわからなくなるもの。

新しいことに挑戦したり、再就職を考える前に、私たちは時間を借りて心の整理整頓しましょう。そしたら、きっとこれから進み道は明るいはずだから。

 

●まとめ

正直、なかなか時間を有効活用するのは難しいですね、大半が不安との戦いのようなきがしますね。

時間があると、不思議なくらい不安になるんですよね。

だからこそ、少しでも意識して考え方を変えないといけないなと思ったのです。

このままでは、私は自滅してしまうと。それでは、せっかく休職して退職をするという選択肢を選んだ意味がないって。自分が楽になる方法を必死で模索しました。

私は寝る前に「今日も一日を無事に過ごせた」と思います。

不安を消そうと必死になり、不安と戦い、そういう時間を頑張って生きる。

大げさかもしれないけど、一日生きるって軌跡だと思います。

そんな軌跡をおこせた自分を褒めるのも、私はとっても大事なことだと思います。