花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

水を得た魚のように

こんにちは、暑さでバテバテの花子です。

いやー暑いですー。

みなさん、熱中症だけは気をつけましょうね。

 

 

私は昨日、退職届を書いた次の日で、なんだか魂が抜けた気持ちでした。

それでも、何かしないといけないと思って動いていました。

 

そして今日、決めたんです。

今日はそんなお話です。

 

●足かせは無くなった

仕事をしていたころ、なにかどこかに遠慮というものがあったんですよ。

SNSすべての表現に対しても、職場の人に見られるかもしれないから本音は書けないと思っていたり、遊んでいる写真ばかり載せてしまえば、職場の人に何か言われるかもしれないとか思って。

私、実は小説家希望です。でも、もしこの小説がが賞を獲ってしまったら、職場の人に見られるかもしれないとまで考えてしまって、何か踏み込んで書くことができませんでした。

休みの日は職場の人に会いたくなくて、職場の人がよく行くっていうお店には行かなくなったり。。。

何かに縛られて生きてきた、

でも、もうそんなのいいんです。元職場の人に会っても、知らんぷりすればいいし、もう表現は自由だし。足かせは、もうなくなったんです。

 

●本当の私に戻ろう

職場の人に会うときってどこか人格を作っている部分がありまして。もしかして、これを読んでいる人にも心当たりがある人もいるのでは?

私の場合は、職場駐車場に着いたら車の中でスイッチを入れるのです。目をつぶって、開いた瞬間に私は職場の人格になります。

職場の私は、とにかく明るくて、いやな顔を封印。そして、上の人を立てて、後輩たちを褒めちぎる。

自由になった今は、何やってんだ私ってなるんですけど。。。

生き残るためだったんですよ。

でも結果パワハラで退職する羽目になったんで、正しかったかどうかは不明です。

ももう、私はそんなことしなくていい!本当の自分のまま、一日を過ごすことができるのです。

スイッチを捨てて、ありのままの私で生きられる!生きてやる!

 

●何者?

退職届を書きにいかなければいけないとなったとき、その日が来るまであまり眠ることができませんでした。

すべてが終わるという恐怖心。それは、本当にどんなことをしても消えなかった。できれば、もう少し休職期間がよかったなと思いました。

私は何者でもなくなる。

でも考えたら、何者にもなってはいけないんですよ。だって私は私だもの。

仕事=私の肩書だと思ってましたが、違いますよね?職業ってだけですもんね。

確かに、失業者というかたちで私は扱われるかもしれません。でも本人が意識していればいいのです、自分は自分だって。

私は私です!!もう何者かなんて、気にしません!!!

 

●まとめ

あーって声を出したくなるほど、昨日とは気分が違います。なんだかすっきりした感じ。

もう、退職したこととかそういうの気にしないことにしたんです。

だって過ぎたことだもの。今私が余計な不安を抱えてしまっても、変わらないんですよね。

水を得た魚のように、私は自由に泳いでいいのです。もう、遮るものはなにもないですから。

もちろん、ちゃんと治療しながら社会復帰も考えていく予定です。

でも、今は自由に泳げる楽しさや嬉しさや幸せを感じていたいのです。