花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

近くに精神疾患を抱える人がいる方へ

おはようございます、花子です。

 

暑いですね。今日も、熱中症に注意しましょう。

 

今日のお話は、精神疾患を抱える人を支える人についてです。

私も現在、うつ病闘病中ですが、一緒にいる家族のことを考えると心が痛むときがあります。

きっと、複雑な気持ちや、戸惑いも多いかと思います。

なかなか浸透もしていない病気なので、周りに相談できなくて、支える側が落ち込んでしまうのではないかと心配にもなります。

 

私も1年前、うつ病になり、家族の戸惑いを感じました。

家族が私を励ますために言った言葉が、私をかえって落ち込ませてしまうという悪循環が続いたこともありました。

家庭は、喧嘩が絶えなくて、家族も私もボロボロになった時期がありました。

 

この一年間、私たちの家族は私の病気の向き合い方を模索して、今は少しづつですが答えが見え始めています。

 

まず、家族でルールを決めたのです。

・干渉を口に出さない

・合言葉を決める

・同じ生活をしてみる

 

この三つを、詳しく説明します。

 

・干渉を口に出さない

PCと睨めっこだったり、昼寝したり、ぼーっとしたりする私の生活に私の家族はかなり戸惑ったらしいのです。

あとは、だらけている感じがして嫌だったようで、

「もっと動いたら?」「そんなんじゃ、病気は治らないよ。」「いつもパソコンで何をしているの?」など、結構口に出して私の行動について干渉する発言を繰り返していました。

でも、それが私にとっては厳しくて。。。私がきつい分、口に出してる家族もきつかったそうです。だから、お互いに気持ちは干渉していても、口に出さないことにしたんです。お互いさまと考えれば、お互いが少しでも楽になれるかなと考えたんです。

 

・合言葉を決める

どんな言葉を私にかけても、私はなんだか嫌味に聞こえてしまう。不安になってしまうなら、本当に模索をして一番楽になれる言葉を考えようと思ったのです。

いろいろ考えて、家族で青春時代のことを思い出したんです。

一番つらいときに、一番楽になった言葉は

「大丈夫だよ。」だったんです。これは、今でも同じだったんです。

不安をなにか消したくて仕方ないけど、なかなか消せなくて不安になる私。

そんなときに「大丈夫だよ。」は、本当に楽にさせる言葉でした。

特に一番私のことをわかっている家族にそれを言われると、本当に大丈夫な気がして不安が消えるのです。

 

・同じ生活をしてみる

私が昼寝をしているとき、家族は逆に自分は動いているのにとイライラしたそうです。

でも、私にとって昼寝は治療の一環だったし、それをするなとは言えない。

それで、考えたんです。私が昼寝をしたら、家族も一緒に昼寝をしようと。

私がパソコンに没頭したら、家族も趣味に没頭しようと。

そうすれば、自分は動いているのにとかっていうイライラがなくなり、喧嘩も少なくなるなと考えたのです。

 

いかがですか?

もしこれを読んだ、精神疾患を抱えた人の家族や近くの人の参考になればと思います。

家族によって、考え方など違うと思いますが、一番はお互いが楽になる方法を考えるのが一番かと思います。