花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

うつ病患者の選択肢

こんにちは、花子です。

今日も相変わらず暑いですね。

熱中症には十分に注意しましょう。

 

うつ病は、いつかは治せる!

これが私のブログの大きなテーマです。

だから、結構な過剰な前向き発言もしてしまうのですが。。。

 

しかし、最近は少しだけ考え方も変わってきました。

私自身が現在、働ける状況ではなくなったこと、再就職の見通しがないこと。

そんな理由から、自分とは違う選択肢を選ぶうつ病患者の考えも自分の人生の参考になるなと思ったのです。

 

今日は、私が聞いた三つの選択肢を紹介しますね。

 

●治すと思う選択肢

これは、私が選んだ道でもあります。絶対に治すんだ思ってはいます。病院の先生と相談しながら治療法を模索し、いつかは病院に通わなくなるようにというのが目標です。

とても前向きですよね。治療に積極的なところも、うつ病にはよさそうな気がします。

しかし、あまりにも前向きすぎて、頑張りすぎてしまって、途中で折れてしまう心配もあるのです。

早く治したいという気持ちは、痛いくらいわかります。しかし、この選択きちんと自分の体と向き合ったうえで意識しないというのをお勧めします。

 

●今の生活を楽しむという選択肢

これを私が聞いた時は、病気になりたてでして。そういう考えを持つ人に正直、偏見を持ってしまいました。厳しいことを言ってしまえば、病気に甘えていると思ってしまったのです。

これは本当に心から謝罪します。

そういう考えを持った人って、本当にうつ病と向き合ったうえでの選択だったんですよ。自分の病気は、焦っても治らない。そう知ってしまったからこそ、闘病生活を楽しまなければという考えなんです。休職したり、働いていなかったり、でも好きなことを楽しもうよって考えなんです。

私が思うに、心の負担が軽減される分、意外とこの考えって治療の近道な気がしますね。

 

●治せないと覚悟を決める選択肢

いやいやいやー治るでしょ?って思いますよね。私は本当に最近まで、この考えには反対でした。なんだこの人ってなってました。

でも、どの患者さんも覚悟は必要なのかもしれないと思うようになりました。

何年も何年も治療して、今年こそは治っているという期待を何度も裏切られたときに、やっぱり心は傷ついています。

しかしそれが、治せないという予防線を引いていたら、傷は広がらずに済むのです。これって、心の病だからこそできる覚悟なのかなって思いますね。

これは、うつ病を治すための覚悟だって最近知って、自分の知識不足に反省しましたね。

 

●まとめ

正直、これを書いていて、公開する自信がありませんでした。漠然とした不安が、私を襲ってしまいまして。。。賛否両論あるのかなというものありました。

ただ、どの選択肢も間違ってはいないということ。それだけは言えます。

選択する必要があるのか。。。そんな葛藤もありました。しかし、うつ病の方にも、こういう生活を送りたいとか、こうやって生きていきたいとかっていうビジョンはありますよね。病院に行ったときに、どういう考えなのかとかありますし。

だから今回、ブログを更新しました。

これを読んでどれを選ぶかではなくて、こういう考えをしてもいいんだと思っていただければ幸いです。

ただ、皆さんの不安や悲しみ苦しみが軽減されますことを私は願っています。