花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

パワハラ被害者の未来とは

こんちには、花子です。

事情があり、カフェでゆっくりしてました。

事情は、今日中にブログにアップしますw

PCを持っていなかったのと、途中でスマホの充電が切れるという最悪なことになりましてブログの更新できず。。。

 

今日実は、退職した職場の近くに行きました。出先で、支払いとかをしていたら急きょお金が必要になりまして。。。そこが職場の近くだったんです。

コンビニでもいいからおろさないといけなくて、元職場の隣にコンビニがあるんですけど、そこしかなくて。。。しかも、働いていた時には毎日のように行っていたコンビニだったので、店員さんとも仲良し。

休職してからは、そこを避けて通ってました。でも、今回は本当にそこしかなかったし。。。手に汗握って入りました。

ウィッグを被っていたこともあって、気づかれませんでしたけど。。。

とりあえず、そこに入っただけ進歩かなって思ってます。

 

それで、思ったんです。パワハラで退職した被害者の未来とはと。それで、今回の話になります。

 

●自分の中で終わらせる

今日、私がコンビニに入った時、生きた心地がしませんでした。あー私は、これからいろんなものを避けて通るのかなと。私が休職して避けて通ってきたのは、コンビニだけではありません。職場の人がお昼を買いに行くお弁当屋やスーパー。あと、職場の人が住んでいる家の付近。

なんでかなと思いますね。私は被害者なのに、どうしていろんなものから逃げなければいけないんでしょうか。でも、そう考えていたって、自分自身が怖いから避けてるんです。悔しいけど、仕方ないのかもしれません。

そこを通らなくても、入らなくても生きていける。そういう人だっています。

でも、いつか通ってほしいのです。入ってほしいのです。

職場を退職しても、私の中ではパワハラは終わっていません。こうして避けている場所があれば、まだ自分の過去にはなっていない証拠なのです。

そこの前を通れた、入れたときに、「パワハラ被害者」という言葉から解放されるんですよね。

 

●何も思わないが一番

私だけでしょうか?意外と、避けて通っているつもりで、退職した職場とかのことを気にしているのは。別に、心配しているわけではないです。

反応だったりとか、自分が辞めたことについてどう思っているのか気にしてみたりとか。未練じゃないんですけど、正直なところ自分がいなくなって困ればいいのにとか、自分がいなくなったことでグチャグチャになればいいのにとか。そんなことを考えてしまうんですよね。

それって本当は空しいんですよね。でも、不本意で会社を辞めてる分、そういう気持ちは強くなります。

だから、一番いいのは、いつかは何も考えなくなること。職場の名前を聞いても、職場の前を通っても無反応でいられる自分になれたら、克服したなって思いますね。

今すぐには無理でしょうけど、いつかそうなれたらと思います。

 

●幸せになる踏み台だった

私には、野望があります。パワハラをした上司や見て見ぬふりをしていた同僚よりも幸せになること。

だって、パワハラ被害者は、人よりも辛い思いをしてるんですよ。幸せな未来が待っているに決まってますよ。私は、それに大いに自信があります。

辛い思いをした分、幸せになりたいという気持ちは大きいです。

それって考えたら、人より得をしている気もするのです。というか、パワハラの加害者や見て見ぬふりをした人たちよりも。

だって、幸せになりたいという気持ちが人一倍なら、知らぬ間に幸福に対して人よりハングリーですし、幸せの道へのアンテナは十分立っているわけですからね。

踏み台にしてやったんですよ。

いつか、どんな幸せでもいい。直接言う必要はないですが、

「私はあなた達よりも幸せだ」

そう心の中で叫べたら、私たち被害者はもっと幸せになれるのです。

自分はパワハラの経験で損をしたとは思わずに、幸せの道を歩ける思ってください。

 

●まとめ

私はカフェから家の帰る道、このブログを早くアップしたかったのです。

私たち被害者の未来は、暗いものではないかと考えることが多かったから明るい道が開けたと、私自身が救われました。

正直、まだ職場隣のコンビニに入っただけなんですけど、それでも私にとっては大きいことでした。

母親に、メールを入れたくらいですからw

すべてが私も克服できたわけではありません。でも、少しずつ幸せになれる道を進めるのなら、それもまた自分の進歩が見れて楽しいのかなと思いますね。

早く忘れたいです。これが、本当の気持ち。職場を退職して、踏み外したなんて思いたくないんですよ。逆に、正しい道へ進めたと思いたい。

それが、私のこれからの目標です。

 

同じパワハラ被害者の皆さんが、早く幸せだと叫べる日がくることを私は心から祈っています。