花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

うつ病に知識は必要ない

こんにちは、花子です。

今日も蒸し暑いです。

水分補給、しましょうね。

 

私もこうして、うつ病について書いているのですが、一つだけ気を付けていることがあります。

それは、症状についてはあまり詳しい知識を書かない。

 

今日は、そのことについて買います。

 

●十人十色

うつ病って、心の病なので、心の中ってみんながみんな同じではないですよね?抱えている不安も、うつ病になった原因も違いますから、やっぱり症状は分かれます。

行っている病院も違いますし、大まかな薬とかが一緒というのだけが共通点みたいなところはあります。

そんな中で、理解を得ても共感は得てはいけないと思うのです。このブログで何回か言ってますが、共感してしまうと私たちは、それになりきってしまうところがあります。これも人それぞれかもしれませんが、人の症状というのは、こういう人もいるんだっていう程度で止めておきましょう。

自分で、自分の気持ちを不安にさせてはいけません。私たちも、十人十色の症状です。耳に入れないっていうのも、一つの治療法だと思います。

 

 

●情報は時には敵となる

今や、検索すればなんでも情報が出てくる時代です。うつ病なんて調べると、無数にいろんな情報が入ってきます。ポジティブなものだったらいいのですが、ネガティブな情報は、あまり必要ないと思います。

私の経験ですが、うつ病になりたてのころに、「うつ病」と検索して失敗したことがあります。症状なんかを見てしまって、私もこうなるかもしれないって不安になってしまって。病院の先生に相談したら、怒られました。うつ病を治すための情報ならいいけど、症状やネガティブな情報は見ないようにと言われました。

私たちの病気は、どうしても不安との闘いだとは思うんです。いつ治るとか、こうすれば治るというマニュアルもないですから、やっぱり焦る人もいると思うんですよ。

だからこそ、ポジティブな情報のみを見る努力って必要だと思います。

 

●知識不足を恥ずかしがらないで

同じ病気の方と接するとき、どうしても知識を多く持つ人っていうのはいるものです。病歴が長かったり、経験が豊富だったりすれば、もちろん知らぬ間に知識が増えてきます。

しかし、そんなときに自分は何も知らないなんて思う必要はないと思うんですよ。もちろん制度だったり、補助金だったり、ためになる知識は教えてもらう。でも、自分から知識を増やそうなんて思わなくていいんです。

言ってしまえば、知識が多くなっても病気が早く治るという保証はありません。知識が増えれば、不信に思うものや、疑うものも増えます。これはうつ病の知識だけではないです。どの知識も同じ。だから今は、治すことだけに専念することをお勧めします。

 

●まとめ

私もブログを書いているので、情報収集だったり勉強はします。でも、本当に体調がいいときのみです。情報に流されない自信があるときだけ、調べたり勉強をします。

過去の記事でも書いたと思うのですが、病気の人じゃなくても不の情報というのは、洗脳されやすい傾向にあります。

ネットが便利になって、一番の課題ってそこなんですよ。なんか悪口が盛り上がっていたりとか、否定的なページが増えていたりとか。それを、簡単に閲覧できてしまう。これは、ちょっと問題だなって思いますね。

明るい情報だけが正論ではないことも知っています。そのうえで書くのは、病気を抱えている今はあえてその情報は見なくていいと思います。

それが、自分を守るためだと思ってくださると幸いです。