花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

世代でなんて決めないで ゆとり世代の私が思うこと

おはようございます、ポテチの中でコンビニ限定のWパンチが大好きです、花子です。

肩こりがひどく、最近は本当に吐き気がすごいので激しい運動は止めています。

そろそろ、本格的に整体を探すことを考えないと。。。

 

今日のテーマは「世代」です。

 

ゆとり世代の私が思う、世代の扱われ方について書こうと思います。

 

●私が知らないだけだった世代

今回のブログを書くにあたって、いろいろ世代を調べました。

・大正世代(1912年~1926年)

・昭和一桁世代(1926~1934年)

・焼け跡世代(1935年~1939年)

・戦中生まれ世代(1941年~1946年)

団塊世代(1947年~1949年)

しらけ世代(1950年~1964年)

・ポスト団塊世代(1950年~1955年)

・断層の世代(1951年~1960年)

・新人類世代(1961年~1970年)

・バブル世代(1965~1969年)

団塊ジュニア世代(1971年~1974年)

・ポスト団塊ジュニア世代(1975年~1979年)

・ミニマムライフ世代(1980年~1988年

ゆとり世代(1987年~2004年)

・さとり世代(諸説あり)

すごいですね。。。

私の父は、ギリギリ団塊世代なんですけど、団塊世代は第一次ベビーブームが起きた世代です。父に聞いてみたら、やっぱり同じ世代の子供が多かったって言ってました。一学年が500人いて、一クラスが50人くらいだったって。。。

しかも、田舎の学校でですよ?今じゃ考えられない。。。

知らない世代も多くて驚きだったんですけど、いろいろあるんですね。。。

これは代表的な世代で、本当はこの間に細かく世代がある時期もあるみたいです。

ゆとり世代に関しては、年代は諸説あるようです。ゆとり後半の世代を、さとり世代という人もいるので、今回は年代は書きません。

すべての世代は、年代についてはちょっとずれもあるみたいなのでご了承ください。

 

ゆとり世代だけではなかった世代差別

今、話題になっているのは「ゆとり世代差別」。何かあると、すぐに「これだから、ゆとり世代は。。。」とか言われるんですよね。

これって、ゆとり世代だけかと思っていました。

しかし、世代差別というのはいろんな差別にあるようです。

例えば現在、団塊世代が65歳以上になり何を言われているかといいますと。。。

「年を重ねた団塊世代はキレやすい。」「急に怒り始める。」と言われています。

母は、新人類世代なんですけど、やっぱり社会人になった時に「これだから新人類は!」と言われたことがあると聞きました。

いろいろ調べて分かったのですが、やっぱり世代差別はいろんな差別にあるそうですね。

 

●本質で見てほしい

世代っていうのは、もともと生まれた年代のネーミングなんですよね。なのに、世代を全部ひとくくりにされるのは好きじゃないですね。

現に父は団塊世代ですが怒ったりきれたり、そんなことないんですけどね。

同じ年代で生まれたからと言って、生まれた日付まで一緒じゃないし、生まれた場所も違います。もちろん両親だって違うじゃないですか。

世代で怒る人とか、差別するのって、怒る理由がないからだと思うんですよ、怒る言い訳だと思いますね。

人間の本質って、人それぞれですよ。でも、それに逃げてしまって、本質を見ることを放棄しているような気がするのです。

もっともっと、人間の奥底をみて、良いところも、悪いところも、その人自身のものを見てほしい。それが私の願いです。

 

●まとめ

まず一つ言いたいのは、どの世代も大人が決めたものと必死に戦って生きてきたということ。生まれた世代は、選べないですから。

本当は、世代に名前をつけるのも好きじゃないんです。私もゆとり世代で、会社に「さすが失敗作」って言われたことがありまして。

もう今は慣れてきたんですけど、やっぱり傷つきますよ。世代で言われると、自分が変わろうとしたって、偏見は解けないわけですからね。

だからそういう時に思います。私は、自分を差別や偏見を受けたけど、自分はこんな大人になるもんかって。

これからも、世代って増えると思います。でもそういう人と働いたときに、世代できめないで、その人をちゃんとみて評価してあげたいって思います。

それが、ゆとり世代の課題です!