花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

うつ病 家族との新しい壁

こんばんは、花子です。

 

私の大好きなブロガーさんが家族のことで悩まれていて、なんとか力になってあげたいと思っていて。

でも、なかなかうまくいえなくて。

 

実を言いますと、私も現在、家族の新しい壁にぶつかっておりまして、なんとか改善策を講じているとこなんです。

大好きなブロガーさんのお力にもなりたいし、みなさんのお力にも慣れないかなとブログに書いております。

 

●家族は意外と

私の場合、あまりにも私がうつ病であることが日常になってしまって、家族が私の病気のことを忘れがちなんですよ。

慣れてしまうんでしょうね。だから、意外と私の傷つくことを最近、平気で言うようになりましたし、治らないことにないしてもかなり責められることも多いですね。

うつ病のことを調べていたり、テレビで特集が組まれていたりして観ていると

「自分を、うつ病だと思うな!」

って父が言うんですよね。なんか、これが意外と傷つきまして、前だったら絶対に言われなかったことなのに。

だから、私は家で鬱な感じを前面に出しています。最近は極端に。忘れないで~ってな感じに。

分かってはいるんですよ。支える家族だって人間だし、大変なことは分かってはいるんです。

 

●感情は隠さない

最近、まぁ働いていないこともあって、罪悪感が強くなったのもあると思うんです。私自身が、感情を押し殺していたんですよね。

私の父は、昔ながらの人でして。父が疲れているときに、私が同じ疲れた顔をしていると「どこで疲れるの?」って聞いてくるわけです。私は、家事をしたりとかしてずっと寝ているわけじゃないんですけど。

「ごめん。だらけ疲れかな。」なんて笑って誤魔化すんですよね。それに、父に言い返せば、父は結構な率で怒るので。

でも、それがよくないのかなと思いまして。最近は、本当に傷ついたことを言われたら、目の前で泣くことにしました。泣きたい時だけですけど。

両親に理解されていないなって思うときに、怒りの感情はないんです。悲しいなっていう感情のみ。

だから、本当に泣きますね。父も驚くんですけど、最近は考えてくれてるんじゃないかと信じています。

 

●話し合う

家族会議だ!っていう感じで話し合うのとは違うんです。食事のときとかに、軽い感じで話し合うっていう感じなんですけど。

やっぱり、ため込むのはよくないなって思うんです。だから、「実はね、最近少し不安が多くて。」とかってちゃんと言ったほうが、家族も現状を把握できるから安心できると思うんですよ。それに、家族が言いたいことも私が本音を言うことで引き出せるので、お互いに楽な方向にいけるかなって思います。

私の場合は、父がネックでして。話し合って納得したと思っても、やっぱり父の中では私の病状を理解できないところがあるみたいで。なんで、すぐに治らないんだという気持ちは大きいみたいです。だから、何度でも話し合いを重ねる必要があるんです。

理解されるまで、私は父に話し続けます。

いつか分かってもらえる日が来ることを願って。

 

●まとめ

家族でも、やっぱり何度も壁にはぶつかります。家族だからというものあるかもしれません。近いからこそ、なかなか遠くから相手を見ることができない。今までの自分を知っているから、その変化を理解したくないって気持ちもあるみたいです。

でも、やっぱり家族なんです。一番に理解してほしい人だし、分かってほしい人。

そうなったら、根気よくこちらも向き合う必要があります。

うつ病になって一回の話し合いで解決するかなと思っていましたが、時間の壁もあるみたいなんだって最近知りました。時間がたてばたつで、やっぱり新しい問題は出てくるし、いろんな情報が入る中で家族の気持ちも変わったりするし。

なかなか大変なことなんですけど、こちらが向き合わないと相手もなかなか向き合ってはくれないですからね。

 

すみません、なかなかうまく書けないです。現に、私も父とうまくやっていくために試行錯誤中です。理解されるまで、話して父にちゃんと自分の気持ちを伝えていくつもりです。

また、少し進展があったら報告します!