花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

うつ病になってからの恋活 LINE編

こんにちは、花子です。

恋活をして、合コンに参加して、失敗したかと思われましたが後日、合コンをした中から私の連絡先を知りたいと言う男性が!!!

 

人生、どんなことが起こるかわからないのであります。。。

 

私は現在、その方とLINEをしているのですが、私の過去の失敗も心の中に入れながら連絡を取っています。

 

今日は、恋愛をした時のLINEについて書こうと思います。

 

●LINEに依存は禁物

好きな人と連絡を取る、そこまでいくのにどれだけの勇気がいり、どれだけの思いがあるかは私も知っています。

だからこそ、なりがちなのはLINE依存。ずっとスマホを持ち歩くなんてこともありがちなんです。

でもね、ここで依存してはお互いのためにはなりません。

現に私も、若いころはそんなことをして、日常に支障をきたすまでスマホを持ち歩くこともしましたが、相手と仲良くなると返事が来ないことに怒り、不安になりという情緒不安定な状態になりました。

特に、私たちは不安になりやすいので、スマホは常にバッグの中と決めておくことをおススメします。バッグの横に座ったら、スマホを見れるような決まり事をちゃんと守る。そうすると、心に余裕が出ますし、心に余裕が出る人って言うのは、相手の気持ちも察しやすいので好かれる人になりやすいのです。

 

●既読スルーはスルーじゃない

LINEあるあるですが、既読スルーに過剰に不安になる人って少なくはないですよね。既読になったのに返事が来ない、私、変なこと打ったかな。嫌われたかもしれない。

そして、こういう不安を持ってやってしまうことがあります。

「怒ってる?」「返事来ないけどどうしたの?」

という、催促を濁らすLINEを送ってしまう。

これは、本当は一番やってはいけないことですよ。相手に、返事を早くしろと催促しているうえに、相手にプレッシャーを与えていることにもなります。この地点で、相手はあなたへの安心感は消えます。

既読スルーって、別に嫌いになったからやっているわけではなくて、忙しくてLINEを見るだけで返事まで返せなかったり、疑問形じゃないから返事は急ぎじゃないなと思って後でゆっくり打とうと思っていたり。

相手にも日常があるので、すべてがスマホで動いているわけでもないので。

私が思うに「待てる人」=モテる人だと思います。

返事が来なくて不安なのはわかりますが、ここはグッと抑えてくださいね。

 

●明るい話題で

LINEをし始めた頃って、明るい話題だけでいいと思うんですよ。LINEも第一印象が大事ですからね。

LINEの文章で、笑顔が見れるような感じの文章がいいです。

私は若いころ、相手の過去と言うものが極端に気になった時期がありまして、それを聞いてしまったら、意外と暗い過去が出てきてしまって、相手に嫌な思いをさせてしまったことがあります。

楽しい話とか、今日会った面白かったこととかで良いんじゃないですかね。自分の苦労話をしたくなったりしますが、そこは抑えて相手にこの人とLINEすると楽しいなって思わせることが大事です。

あとは、もしネガティブな文章ばかりが浮かんでしまったら、「疲れちゃったから寝るね。」と言って自分からLINEをやめることもおススメです。

 

●まとめ

LINEって本当に便利ですよね。簡単に写真も動画も送れるし、相手に文章も送れる。ガラケー時代を知っている私にとっては、画期的なものができたと感心してしまうのですが。

簡単に送れるからこそ、自分を不安にさせてしまうんですよ。返事が来ないと悩んだり、嫌われたと卑屈になったり。

でも、それじゃぁせっかく好きな人と連絡を取っているのに楽しくないじゃないですか。

楽しくない上に、相手には好印象を持たれない。

だったらその不安は一時の不安と考えて、自分の感情を抑えましょう。

それこそが、相手に好かれる第一歩です!