花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

うつ病患者とパワハラ被害者に共通して必要なこと

こんにちは、花子です。

今日は、電話をしなければいけないところがたくさんあってグロッキーです。

小説連載、書けるかなぁ。。。

 

今日、久しぶりに母とランチに出かけたのですが、そんな中で珍しくうつ病パワハラの話になりまして。

 

もし、うつ病になった場合、パワハラ被害者に家族がなってしまった場合、何が一番ベストなんだろうという話を二時間以上しました。

こういう時間も必要なんだなと実感。

 

今日は、そんなお話です。

 

●空回りでも

私はパワハラを受けて休職してから、あんまり笑わなくなったみたいなんです。私自身は、あんまり意識をしていなかったんですけど。

母からすると、それが見ていて辛かったそうです。

そんな中で、母が反省していることがあるそうです。それは、無理やりでも空回りでもいいから、家で明るくすればよかったということ。

母は、どうやら私の暗さに飲み込まれてしまったそうなんです。

娘がこんなに苦しんでいるのに、私たちは明るく話していいものか。明るい話題を振っていいものか。そんなに悩んでいたそうです。

でも、私からすれば、あの時やっぱり自分のせいで家が暗くなっていると思ってしまったし、自分にはどうすることもできない罪悪感もありました。

だから、もし一緒にいる人は、空回りでもいいから明るくするのがいいのかもしれません。

 

●褒める

母が、私がうつ病になったことを実感してから意識して行ったことは、「褒める」という行為。

私が何か話すと、途中でネガティブな話になってしまうと言うことに気付いたらしいんです。そのネガティブ発言の殆どが「私なんて。。。」「私なんかが。。。」という出だしらしいのです。

それを聞いた母は、私の良いところを褒めていたらしいのです。

悲しい話ですが、母が普通の会話の中で私を褒めていたので、私は母の努力を今日知ることになりました。

まさか、意識して私を褒めてくれていたなんて。。。

私自身、褒められることで嬉しくもあり、完全にとは言えないけど少しだけ自信がついていました。おかげで、起業という目標までできたくらいです。

 

●必要とされていることを実感させる

母から聞くには、これは父が考えたことらしいのです。

私の父は長年勤めた会社を定年後、しばらくの間は働いていなかったんです。そんなときに家にいて父が思ったのは、「俺、誰からも必要とされていないかもしれない。」ってことだったらしいのです。

だから、私も同じではないかと考えてくれていたそうです。母は、私が休職中に家事や買い物、それにたくさんの頼み事をメモに書いて仕事に行っていました。

これは、私を必要としているんだよという意思表示だったのです。

父は不器用なので、なかなか行動できなかったそうですが、父の指示で母が動いてくれたことを知りまして、父に冷たく当たってた自分を恥じましたね。

陰で、そんなことをしてくれていたのかと。

現に、パワハラを受けるまでは私は働いていたので、休むのいう概念が全くなく、休職することに罪悪感がありました。やっぱり、いつも何かに謝っていたような気がします。

良心の気持ちは伝わっていて、私自身は家の中では無力だとか必要とされていないということは感じなくなりましたね。

 

●まとめ

母が仕事が落ち着いて、しばらくお休みを頂いたそうで、今回はお疲れ会も兼ねてランチに行きました。

何が驚きだったかって、母と二時間以上も会話をしたこと。

そういえば、母が仕事で私は家事に忙しく、私が働いていた以上に会話が減っていたことに気付きました。

家のは別の環境だということもありまして、会話が弾みましたね。その中で知った家族の努力に私は感動を覚えました。

知ったうえで分かるのは、私は意外と家の中では楽でいられたってこと。それは両親の支えあってのこと。

私の家族がしてくれたことって、本当に意識せずに楽になれるので、もし参考にしていただけたら幸いです。