花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

パワハラの現実 第二の人生

こんばんは、花子です。

今日は遠出してました。最近、用事が多くてちょっとお疲れ気味です...。

小説連載は、無理しないで明日、書こうと思います。

 

今日、知り合いの方の話を聞く機会がありました。

今日は許可を頂いたうえで、書かせていただきます。

 

●壮絶な職場環境

その方は、とある会社に勤めていました。しかし、その職場環境は最悪なものだったそうです。当たり前のように行われる職場いじめ。上司も見て見ぬふりだったそうです。その環境は、壮絶なものだったといいます。

毎日が戦いで、業務を行いに仕事に行っているのか、それともパワハラに耐えに行っているのか分からなくなるほどだったといいます。

その環境が異常なことは分かっていたそうですが、収入が無くなる恐怖からなかなか退職に一歩踏み出せない。

しかし、その方は知ってしまたのです。見て見ぬふりをしていた上司が、パワハラを仕組んでいたことに。

つまり、見て見ぬふりではなく、自分が仕組んだパワハラを監視していたんです。その時に、その方は退職を決意するのです。

 

●戦う気力

仕事を退職したその方は、職場と戦うかを考えたそうです。もちろん、法的に戦うこともできたと思います。

しかし、その方はいろんな場所で戦い方を聞き、ネットでもいろいろ調べたそうです。でも、その人の中でもう関わりたくないという気持ちもあったそうです。もし戦えば、長い時間、その方はパワハラという問題と自分にパワハラをした人間と直接ではないですが関わらないといけなくなります。

そうなったとき、耐えられる自信がその方にはありませんでした。

パワハラを耐えるだけでも、かなり大変だった。そんな経験をしたからこそ、その方には戦う気力は残っていなかったのです。

悔しい気持ちもあったそうですが、生きるためにその方は戦わない選択をしたんです。

 

●第二の人生

その方は、すぐに再就職をします。しかし、ここからが戦いだったといいます。また同じことが起きたらどうしようという恐怖から、その方は新しい職場に溶け込まない毎日。

職場の人が冗談を言っても笑えない。それは、とても辛かったそうです。

そんな中、その人の異変に気づいてくれた先輩がいたそうです。

その先輩は、必死でその方の本音を聞き出そうとします。そして、その先輩の必死で賢明な説得で、その方は今まであったことを話したそうなんです。

そうすると、その先輩は言ったそうです。

「つらい思いをしたかもしれない。それを忘れろとも言えない。でも、君にとってここは第二の人生だと思ってほしい。別物なんだ。君は、生まれ変わって新しい世界に入っただけなんだ。これだけは信じてほしい。もう二度と、君にひどいことをする人間はここにはいない。だから安心してほしい。」

その言葉に、その方は少しずつ職場に馴染めたそうです。

自分の第二の人生を、今は楽しんでいると堂々と言えるとその方は言っていました。

 

●まとめ

私は、その方の話で勇気を頂きました。私に、つらい経験を話してくださったことを本当に感謝しております。

私も、これからの人生に不安があります。再就職をしたときに、やはりちゃんと働けるかどうか、トラウマから脱出できるのだろうか。

でも、その方の言葉を聞いて。私も第二の人生だと思って生きていきたいと心から思いました。

今回、その方のお話を聞けたことが、本当に私の自信に繋がり本当に感謝しております。