花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

もしうつ病になったら 情報収集編

こんばんは、花子です。

今日は、ハローワークに行って、なんだかそれだけで体調を崩しかけました。

最近、少し出かけすぎています。

明日は病院なので、それが終わったらまったりすることにします。

 

うつ病になり、私自身もうつ病に対して情報が全くなく、本やネットで情報を収集していたのですが、その時に気付いたことがあります。

 

今日はそのことを書きます。

 

●自分の症状を把握してから

情報収集は、確かに治療をする上で自分の病気を知るためには必要なことです。

しかし、ここで注意すべき点があります。

自分の症状をきちんと把握していなければ、情報に流される場合があります。

本当はそんな症状はないのに、本を読んで自分もそうかもしれないと思ってしまう。

治すために情報収集をしていたはずが、病状を悪化させる場合があるのです。

ここでおすすめなのは、自分の症状を何の情報もなくメモに箇条書きで書きいておく。

そのうえで、病気について本やネットで調べることをおすすめします。

 

●情報は一つじゃない

うつ病の症状って、ほんとうに人それぞれな部分があります。

そんな時、一つの情報だけに頼るのは危険です。うつ病の本やネットの情報もたくさんあります。

治療法を書いた本もありますし、経験談を書いた情報もあります。

そのなかで、一番自分に近い症状が書いてある情報を信じましょう。

それで、最初に書いた自分の症状の把握が大事になってくるのです。

また、その情報が自分の症状と違うなと思った場合は早期に読むのを辞めることをお勧めします。

さっきも話した通り、これは情報に流されないためです。すべてを深く読む必要は全くありません。

 

●ネガティブな情報に要注意

うつ病についての治療的情報や、希望が持てる情報、明るい情報などは多く取り入れてよいと思うのです。

これからの治療にも役に立ちますし、新しい目標を持つきっかけになるかもしれません。

しかし中には、極端にネガティブな情報を流すネットや本が存在します。

これは、病気になってすぐは読まないほうがよいでしょう。

確かにうつ病は、大変な病気です、しかし、病気になったばかりのころというのは、不安だらけだと思います。

そんな不安を仰ぐ情報を見てしまうと、治療に対して暗い気持ちで構えてしまうのです。

 

● まとめ

私自身、うつ病についての知識がないことでネガティブな情報を取り入れてしまい絶望した経験があります。

その反省点から、ブログを書きました。

やはり、うつ病になったとき「まさか自分が」と思う人も多いと思うのです。

そんな中で、治療法を探すことはとても良いことです。病気と向き合うことで、治療が前進することもあるそうです。

しかし、その情報を選び方や構え方で、大きく変わることもあります。

また、うつ病になった本人だけではなく、そのご家族の方にも参考になっていただけたら幸いです。