花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

うつ病や精神障害を持った人が窓口手続きする場合

こんにちは、かなりグロッキーな花子です。

今日は、比較的、体調が良かったはずなのに。。。

いろんな手続きに追われて、その場その場で病気であることを伝えないといけないので体力的にしんどいのです。

 

うつ病などの精神障害に理解がないと、さらに病状などを伝える必要もあり、それに冷たい対応だとうまく話すことができず、何度も聞き返されるという悪循環。

 

そんな時の対処法について、書かせていただきます。

 

●自分の病気を先に伝える

先ほども話しましたが、窓口での手続きは特に混んでいると話を煽られてしまい。なかなかうまく話すことができなくなるという人は少なくないのではないでしょうか。

そんなときは、うつ病などの精神障害の病気について関係のない場所でも、きちんと病気を伝えて話すのが苦手ですと伝えることも、自分を守るためには必要になってきます。

しかし、すべての場所が精神障害に理解があるかといいますと悲しいことですが、それは理解のある場所があるところのほうが少ないのが現実です。しかも、窓口に行くことだけでも大変なので、病状をうまく伝えられないということも。。。

そんなときに大事なのは、自分の病状や症状を紙にきちんとまとめたものを持参する。

手書きでもワープロ打ちでもかまいません。

そのうえで、こういう病気なので上手く話せないと伝える。それが一番、伝わります。

また、精神障がい者手帳を持っている方でしたら、それを必ず持参してうえで伝えましょう。

手く話せない理由をこちらはきちんと説明している訳なので、手続きする側も焦らすことはできないはずです。

 

●目の前の窓口だけを見る

窓口って、いろんなところがありますが、隣とか中の様子とかがわかる窓口とが多いんですよね。

そんな場所で、手続きしてくれている職員の方が席を離れて他の職員と話していたりすると私のことを話しているのかと不安になることがあります。

また、手続きで長く待たされていると自分の手続きをないがしろにされているのではと思ったりもします。

正直、私も窓口の中の経験がないのでそれは違うよと言えません。しかし、手続きを待っている側はただ自分の窓口だけを見ていればよいのです。

これは、不安を消すためです。スマホをみたり、目の前の書類を見たりして、窓口の奥や周りを見ることはやめましょう。

今は余計なことを考えず、手続きが無事に終わることだけを祈るのです。

 

●手続きには参考資料や、メモなどを

手続きする前の日かもっと前に、自分がしたい手続きについて下調べを行うことをお勧めします。そして、それをプリントアウトしたり、メモに取ったりします。

メモは、順序立てて分かりやすいように、何の手続きがしたいのか明確に書いておきましょう。

これは、手続きをする際に職員に伝えるための台本です。そして、もし伝わらなければメモを見せる。

自分が思っていた手続きと違うと思ったら、参考資料を見せてこれと同じ手続きがしたいと伝えるのです。

私も経験がありますが、思っていた手続きと違うと思ってもなかなか言えないことってあるんです。だからこそ、下準備は大事になってきます。

 

●まとめ

ブログにも最近書いていますが、退職後の手続きに追われている私です。うまく反せなくて、大丈夫ですか?と不審な感じで聞かれることも多く、そのたびに傷つく毎日でもありました。

それに、そんな中で手続きえおして不備があると、もう一度やり直しになったり。

そんな感じで心身ともにボロボロになりかけて考えました。

ここは病気と関係ないと思っても、伝えておくことで焦らされていたものが改善されたりする可能性もあります。

不審に思われるよりは、きちんと説明することが大事です。

本来なら、付き添いを連れて行くのがベストだとは思います。しかし事情もあり一人で行かなければいけない人も多いと思います。私も、母の仕事の都合で一人でした。

そんな方の参考になればと思い、書きました。

ちなみに、このことを実践したことで、手続きで焦らされることはなくなりました。

手続きをしてくれた職員さんがどう思ったなんてのは、気にしせず手続きだけを進めています。

このブログで、少しだけ楽になる人が増えることを願っています。