花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

知って欲しいパワハラ被害者の本音

こんにちは、花子です。

昨日も書きましたが、手続きが多くかなり疲れているので、外出する予定だったけれ

ど、今日はやめておきました。

雨も降っていますし、なんだか夏とは思えない肌寒さ。このまま、冬が来てしまうの?と思ってしまうくらいです。

 

昨日、パワハラの理解の甘さというのを身をもって感じたので、ブログに書いてみようと思います。

 

●本当は働きたい

パワハラ被害者は、本来なら仕事ができ、仕事を続けられる人たちばかりです。それを、理不尽なパワハラによって妨げられたのです。

そして、仕事ができなくなるまで痛めつけられ、退職や休職に追い詰められてしまうの

です。

そうなったとき、周りの視線は冷たく、仕事をしていないことだけを見られてしまいがちです。

でも、仕事をしていないわけではないのです。できなくなってしまったのです。本当は、自分の実力を十分に発揮して働きたかった。

そして今も、働きたいという気持ちはあるのです。でも、心が痛み、苦しみ、動くことのできなくなった状態で、トラウマを抱えている為、なかなか職場復帰ができなくなっているのです。

分かって欲しいのは、本当は働きたいというのが本音だってことです。

 

●生きていることが奇跡

私もパワハラ被害者です。そんな私が、今でも忘れられないパワハラ経験をして、「死」を意識してしまったことが何度もあります。

前のブログにも書きましたが、私は行動に移してしまった愚か者なのです。ODとリストカットで、幸いにも発見が早く、命に別状をはありませんでした。

パワハラのトラウマが消えずに、自殺未遂をしてすぐも生きていて良かったかどうか分からなかったのです。そのくらい、過酷な経験だったのです。

パワハラ?なんて軽いことを言う人がいます。でも、本当は命にかかわるくらい深刻な問題なんです。

正直、今でも「死」という意識は時々頭をよぎります。しかし、なんとかそれを食い止めて生きています。

寝る前に、今日も生きててよかったと自分を褒めて、起きたら、今日も生きられますようにと願う。

パワハラを忘れない時は、生きていることですら奇跡なのです。

 

●この先のこと

パワハラを受けて、退職や休職まで追い詰められた時に、やっぱり不安になるのは未来のこと。

私も、正直に言いますとこの先、自分がどうなるのか不安です。

こういう不安て、時間が経てば経つほど不安が増えるって初めて知りました。

不安で、そこから何とか抜け出したいからこそ、公共の機関に頼ったりするのです。

お金の問題、仕事のこと、家族のこと。

ただですら、大変な経験をしたというのに、さらに考えることがあるのです。

たまに、頭が爆発するんじゃないかというくたい考えることが多くて、でもそれからは逃げ出せなくて。

それが、現実だから、頼った先にはきちんと対応してほしい。きちんと知識を蓄えてほしい。相談に行くってことが、どれだけ勇気がいるかって分かって欲しいのです。

 

●まとめ

昨日、いろんな手続きに行った際、本当に理解のない対応をされてしまい心身ともに苦しくなりました。

相談する場所や手続きをするところですら、理解がなければ私たちはどうすればよいのか腹立たしくもありました。

大好きなブログを書こうにも、書けなくなるくらい体力が失われていました。

今回は、私の経験や考えから書かせていただいているので、そこだけはご了承ください。

どうか理解が増えてほしい。そして親身になってくれる場所が増えてほしい。今はそれだけを願っているのです。