花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

黒猫感謝の日

こんばんは、花子です。

今日は、ちょっといろいろバタバタしていてブログの更新が遅くなってしまった。。。

 

さて今日は、何の日でしょうか???

私もツイッターハッシュタグで知ったのですが、今日はどうやら「黒猫感謝の日」という日らしいのです。

 

うちの虎松も黒猫。なんだか運命を感じます。

 

今日は、ちょっとその日について書いてみようと思います。

 

●黒猫感謝の日とは?

英国王立動物虐待防止協会が黒猫は他の猫より見過ごされやすい、写真写りが黒くて良くないので、里親探しでも目立ちにくいということから8月17日を黒猫感謝の日と発表したものらしい。

また、8月17日にイベントが行われたり、ネットで広める運動も各地で行われているらしい。

黒猫の良さを知って欲しい、なかなか新しい家族が見つからない黒猫に新しい家族が見つかるように伝えていこうという運動らしいのです。

確かに日本でも、黒猫が夜に横切ると不吉みたいな迷信がありますよね。

実は虎松を譲り受けるときに、飼い主さんから黒猫でごめんと謝られたんです。

やっぱり不吉とかっていうのがあるんですかね。家は、可愛い虎松に一目ぼれして一瞬で虎松を迎え入れることを決めたので全然意識はしていませんでした。

だから、世界に新しい家族がなかなか見つからない黒猫ちゃんが多いのなら、沢山の人に知って欲しい日ですね。

 

●黒猫は幸運をもたらす

黒猫が不吉だというのは、ほんの一部の迷信だといいます。そのほとんどが、見た目だ

けらしいのです。

前に本で読んだのですが、黒猫は英語でブラックキャット。その頭文字を取ると、ラックキャットと呼ばれ、幸運の猫と呼ばれることもあるそうです。

また、ニュージーランドでは玄関に黒猫がいると幸運を運んでくれた証拠だといわれているそうです。

また、魔除けという説も有り、病気が治ると言う言い伝えもあるほど。

黒猫が不吉だというのはほんの一部で、世界的には幸運の猫というのが多く言われています。

また、家はずっと猫を飼うなら黒猫と決めていました。

黒猫ちゃんを飼っているところに行ったとき、その黒猫ちゃんが私の膝に乗りました。そのときです。悩んでいたいろんな手続きやら悩みが解決したメールや電話が次々と。いろいろ悩んでいた時期だったので、そんな悩みが解決したんです。だから家族にそれを伝えてから、猫を飼うなら黒猫と決めていました。

それに、我が家に今笑顔が増えているのは虎松のおかげ。やっぱり黒猫は、幸運なんです。

 

●黒猫の可愛さ

黒猫って、黒いからどこに目があるのか、わからないところもあるんですけどそれが可愛いところ。それに、暗闇では全く存在がわからないんですが、そっと人に近づいていつのまにか寄り添っているということがあります。

そんな不意打ちな可愛さは、黒猫じゃないと味わえないのです。

黒猫にはまってしまうと、本当に黒猫に一途になるほどです。

ちなみに

f:id:hanakoutu:20170817221330j:plain

どうですか、この可愛さw

幸運で可愛いなら、断然、黒猫飼いたくなりませんか?

 

●まとめ

なんか、世界の動きに感動しましたね。

黒猫が世界的にも、飼い主さんを見つけずらいと言うことに驚きを隠せません。

私のとって黒猫の虎松は、私の暗い生活を変えてくれた救世主でした。

家族に笑顔や幸運を運んでくれた、天使なのです。

できれば、多くの人にこの日が広まってくれることを願いたいです。