花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

うつ病になってからの恋活 会えない編

どうも、花子です。

冷房のきいた店でホットティーをいただいています。

うん。おいしい。

 

さて、久しぶりの恋活ブログを更新です。

合コンで出会った彼。自信のない私に連絡先を聞いてくれ、カフェデートをして私もキュンキュンが止まらなくなりましたが、どうなるやら。。。

 

そして、今週はデートをする予定だったのでが。。。

 

⚫重なるときは重なる

今週、ドライブデートをする予定だった私たち。

何処へ行くか、電話やメールでやり取りをしていました。夏休みシーズンなので、人混みが心配だと彼が言ってくれ、いろいろ試行錯誤しながらも、模索しながらも、なんとか目的地が決定したのもつかの間。

私は近所でお葬式が出て、重なるように彼の親戚にも不幸があり。。。

私は手伝いにいかなければいかず、彼はもちろんお通夜とお葬式には出なければいけなくなり、デートは延期に。

お互いにこればかりは避けられないですから、きちんと落ち着いたらということになりました。

彼からのメールで、夏休みシーズンが外れるから逆によかったよねという話があって、確かにそうかもと思いました。

だから、大人としてきちんと乗り越えよう。

そう言い合いました。

近所のお葬式の手伝いは、私にとって確かに過酷だったし、慣れないことばかりだったけど頑張りました。

亡くなったかたの供養になりますようにと、慣れないながら必死になりました。

その間に、彼から大丈夫?という心配してくれるメールがきたので励みになりました。

 

⚫こっそりと

会えないときに、彼から何度か深夜に電話が来ました。

何故深夜かと言いますと、お互いに実家で彼の家には遠くからきた親戚が泊まっているそうで、電話ができるのが深夜しかなかったのです。

私も深夜だったので小声で、彼も小声。

その隠れているときが、なんかドキドキしました。お互いに、慣れないことをしている互いを誉めあい、会いたいねと話していました。

ドライブじゃなくても、カフェでもいいからと言うので彼の仕事終わりに、会いに行こうかなと言ったら喜んでくれました。

親戚のお酒の付き合いもあったそうで、ほろ酔いになって電話をかけてくる彼の声は、いつもよりも柔らかくて可愛かったです。

この、こっそり感が私たちを楽しませてくれました。

お互いに実家で不便だね何て話をしていましたが、お互いが実家だからこそ感じられるドキドキもキュンキュンもあるので。

まぁ、本音をいうと会いたいですけどねw

 

⚫先へ進むために

昨日、彼から電話がありました。やはり深夜です。

お互いに、電話ばかりでもどかしかったのでしょうかね。

ちょっと真剣な話をしました。

彼も、私とのこの先のことを考えてくださっているそうです。もちろんこのまま、互いに付き合うとなれば付き合うのは簡単でしょう。

しかし彼は、前の恋愛で辛い経験があることを初めて聞きました。詳しくは書けませんが、彼にとって私とデートしてくださるのもありがたいくらいの経験です。

だからこそ、なかなか前に進めない気持ちもある。

それに、私のうつ病のこと。うつ病に対して偏見はないけれど、もし付き合うなら弱いところをもっともっと見せて頼ってほしいと言われました。

私は、彼が心配してくれると「大丈夫」と返します。辛い時も。だから、互いにいろいろさらけ出して、いろいろ知った状態で互いのトラウマを消していこうという話になりました。

普通なら、ここで付き合っているかもしれません。でも、こういう関係を続けるのも大事な時間なような気がします。

特に、恋は盲目といいます。盲目にならないように、その距離を大切にしていく。

今までにはない経験も、なんだか楽しい気もするのです。

 

●まとめ

すみません。見ている方は、もどかしいと思います。早く付き合えよと思う方もいるかもしれません。

でも、どうか暖かく見守っていただければと思います。

私たちは、互いに違う形で過去に傷ついた経験があります。だからこそ、話し合ってこういう形を決めました。

友情か恋愛か、それをはっきりしなければ気が済まない。そんな恋愛を私はしてきました。でも、その中間を大事にしながら歩むのもいいのかもしれない。もしかすると、今の私には必要なのかもしれないと思っています。

私の場合、なんとなくですが相手の気持ちがわかっていて、ちゃんとそういうことを話してくれる。だから、大切にします。

この先どうなるのかはわかりませんが、もし恋愛にならなくても後悔がないような気がするんです。そのくらい、今はとても楽しいから。

また、進展があったら更新します。