花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

パワハラを止めるのは加害者のあなたたち

こんにちに、花子です。

 

さて、パワハラを無くすためにはと考えました。

私のような人間をこれから増やさないために、というのでブログを書いております。

いろいろ考えて、これも一つの解決方法かなと思います。

 

●知らぬ間に加害者になっているかも

パワハラの加害者って、知らぬ間に加害者になっている場合もあります。指導のつもりが、いつのまにか部下や後輩たちにはパワハラだと思われていた。

そんなことも、あり得ることです。

私自身、飲食店の店長経験があるので分かりますが、部下や後輩たちの指導は難しいです。覚えてもらえないと苛立ちを感じることもあるでしょう。

自分は気づかないうちに、自分の感情を吐くことと指導が重なってしまっていることって意外とあるんです。

これは指導経験のある私から言いますが、今の一般の会社で怒るという指導は必要ありません。厳しいことを言わなければいけない時もありますが、冷静にきちんと相手が理解できるように話すのです。怒ったところで、相手にはほとんど内容は伝わっていません。

指導は、理解してもらうのが最大の目的です。指導する時は、自分の感情を押し殺して、常に冷静を保たなければいけないことを忘れないでください。

 

●早めに気づいてください

さきほども話しましたが、パワハラだと思っていなくてパワハラになってしまう場合もあります。そして、確信犯で部下や後輩たちに冷たく当たって、怒鳴って、最悪なのは暴力までふるってしまっている場合。

被害者たちが、会社や組織を通してあなたに抗議したとします。そんな時、会社がすべてもみ消してくれる場合もあるでしょう。

でも、その地点であなたは人の人生を台無しにした加害者なのです。

もし訴えられたりしたら、あなたは責任をとれますか?

部下や後輩たちが、ひどく心を痛める前に気付いてください。

部下や後輩たちは、びくびくとして会社に来ていませんか?休む回数が増えていませんか?下を向く回数が増えていませんか?あなたと初めて会ったときと比べて、暗い表情に変わっていませんか?

部下や後輩たちが休職したり、退職したりする前に気付けば、お互いに楽になれるのです。

今ならまだ、間に合うはず。

 

●プライドを捨ててください

もし自分がパワハラの加害者かもしれないと思ったら、まずあなたのプライドを捨てて自分が間違っていたことを認めましょう。

相手が傷ついていたかもしれない、その地点であなたはパワハラをしたかもしれないのです。

会社は、働く場所です。傷つく場所でも、自分の感情を吐き出す場所でもないのです。

まだ部下や後輩たちが、働いてくれていることを感謝しましょう。働いていてくれるから、あなたは間違いに気づくチャンスを得ているのです。

そして切磋琢磨して、一緒に会社に貢献するのです。会社とは本来、そういう場所なんです。

泣き寝入りした被害者の私は、本当に加害者となった人が早く気付いてくれたらと今でも思ってしまうから。

パワハラってそれくらい、人の人生を変えてしまうかもしれない大きなことなんです。

 

●まとめ

ちょっと厳しいことを書きました。

私は会社を離れても、加害者を許すことができません。

パワハラの代償は、私にとってとても大きなものでした。大好きな仕事を失い、うつ病を抱え、体にも障害が出てしまった。

しかし、もし加害者である上司が途中で私の異変に気付いて、誤ってきたり態度を改めたら、私は仕事を失わなかったかもしれない。

私は今、被害者でありながらパワハラが減ることを願ってブログを書いています。

でも本当は、加害者がきちんとパワハラであることを認識して、その態度や部下や後輩たちの接し方を改めなければなかなか減らないのです。

私はこれからも、パワハラについて伝えていきます。

そして少しでもパワハラが減ること無くなることを、私は心の底から願っているのです。