花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

仕事を辞めてもいいですか?

こんばんは、花子です。

 

さっきまで運動して、汗を流してお風呂に入ってました。

汗をかくと、なんか気持ちがいい。べたべたするけど、爽快感のほうが勝ちますね。

特にこの時期は、汗を簡単にかくことができるのでいいですね。

 

パワハラを受けて、仕事を辞めるという選択肢がある方へ。

もしかすると、そこへ一歩踏み出せない人が多いかと思います。

 

だから、そんな方にブログを書こうと思います。

 

ただ注意点は、このブログは退職を強制しているわけではありません。

それも一つの選択肢だと思っていただければ幸いです。

 

●生きてなんぼだから

ニュースで、パワハラが原因で自殺と聞くと胸が痛くなります。

会社は何をしていたのか、腹立たしくなります。

私も、パワハラが原因で自殺未遂をした経験があります。休職中の出来事です。トラウマが消えずに、辛い毎日が続いて自殺未遂をしてしまいました。

そんな経験があるから、強く言います。自殺未遂や自殺を考える前に、仕事から離れることを考えてほしいのです。

私が言いたいのは、どうか生きていてほしいということ。

本当に辛くなったら、生きるための退職を視野に入れてほしいのです。

 

●君の人生だ

退職を考えた時、我慢して絶えて住まう原因の一つに、世間体というのがあります。私は、退職する一年以上前からパワハラを受けていました。

しかし退職という選択肢が浮かばなかったのは、両親に説明したり、退職したら周りになんて言われるかなっていうことがあり、なかなか一歩を踏み出せなかったんです。

でも、どんどん我慢して、どんどん自分を追い詰めて、どんどん苦痛になって、病気になりました。

確かに、前にもブログに書きましたが、働くということが当たり前になりすぎて、退職を理解されない部分も多いかもしれません。

でも、あなたの人生です。あなたがこれから生きる人生です。

きちんと辛い気持ちを伝えれば、きっと理解してくれる人もいるはずです。

 

●退職はネガティブばかりじゃない

さっきも、ちらりと書きましたが、退職ってネガティブなイメージでとらわれがちなんです。でもね、ネガティブばかりじゃないです。

今のパワハラのある職場にいることが、あなたをスキルアップさせてくれますか?あなたの人生をよくしてくれますか?

退職が、スキルアップしたり、あなたの人生を良くする場合だってあります。

その退職は、自分の人生を良くしてくれるものだと思ってもいいのかなって私は考えます。

 

●まとめ

あくまでこれは、退職は一つの選択肢だと思ってください。

私は、生きてほしいんです。パワハラを受けて人よりも辛い思いをしてる人たちが、さらに辛い思いをするのは悲しいです。

前にも似たようなことを書いたかもしれないですが、何度でもなんでも言いたい。

生きていて欲しい。どうか、生きる選択肢をしてほしいのです。

今回は退職をすすめているわけではなくて、生きることをすすめているブログです。