花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

精神科医の選び方の前に

どうも、歯医者から帰ってきた花子です。

抜歯は来週かな。

最悪、熱が出るらしいです。

今から、怖い。。。

怖いけど、このままだともっと痛い思いをするみたいだからね。

勇気をもって行ってきまーす。

そのために、ブログ書きねだめしておかなければですね!

 

さて、私は近々、精神科の病院を変えます。

病状によって、やっぱり先生との相性も変わってきます。

私は、うつ病になって一年以上たちますが、なかなか回復が見込めない為に、違う形での治療を求めて先生を変えようと決断しました。

 

じゃぁ先生との相性ってどうやって見極めるのか知りたいと、ブログの読者様から質問がありました。

さて、その質問に答える前に、少し書いておくことがありますので、今日は書きます。

 

●ネットで調べないで

精神科に通うということは、つまり心の病気を抱えていることになります。

そこで、本音を先生に話さなければ、病院の先生も治療方法を考えることができません。

この先生、合わないかもと思ったら、ネットで精神科医 合わないなんて検索しちゃうかもしれません。

でも、その行為はストップ!

精神科医について悪いイメージを書いたものも多くあります。それを見てしまうと、精神科医って信用できないかもと、精神科医をすべて一括りで信じられなくなります。

そんな中で、精神科を変えたとしても、本音で話すことは難しくなるのです。

 

精神科医も『人』です

意外と忘れがちなんですよね。まぁ、治療中にそれを意識する必要はないかもしれません。でも、医師を選ぶときには意識するのがよいでしょう。

「まったく精神科医は。」

そんな感じでは、なかなか自分に合った精神科医を見つけることはできないでしょう。

人だから、相性なんです。

友人や恋人みたいに、話を聞いてもらう人も相性。

だから、そう意識で探せば、きちんと本音を話したうえで冷静に精神科医探しができるでしょう。

 

●選ぶのは先生だけじゃない

意外と、精神科医を選ぶという考えが強すぎてませんか?

でも、選ぶのは先生だけじゃないのです。

病院の設備やシステム。そして、治療法の選択もあります。

設備は意外と重要で、もし発作などをした場合に夜間の受け付けもあるかどうか。

急な不安などに対応してくれるかどうかも、大きな部分です。

そして、治療法です。一つの病院だけ通っていると、例えばうつ病の場合だと、投薬治療だけの場合、うつ病の治療とはこういうものなのかと納得してしまいがちなんです。

でも、ほかに治療法があるのか調べるのも大事です。

そしてほかの治療法に、きちんと対応できるかも精神科医を選ぶ重要な部分でもあります。

 

●まとめ

すみません。なかなかうまくまとめきれていないかもしれません。

私自身、病気になった当初にネットでいろいろ調べてしまって精神科医の先生に心を開けなくなった経験もあります。だから、すべてを精神科医のせいだと思うことを辞めることで本音を話すことができました。

そして私も、一つの病院にばかり行って、うつの治療に固定観念を持っていました。

だからこそ、精神科医を変えぶことも治療の一環でもあります。

違う形で、うつ病と向き合ってみたり。

そのうえで、病気との向き合い方や、気分が変わったりするものです。

明日は、精神科医の選び方について書いていきます。