花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

親知らずを抜いて、自分の神経の図太さを知った

こんばんは、花子です。

親知らず、抜いてきました。

いやぁ戦いでしたね。

 

さてさて、今日はタイトル通りなんですけど、うつ病になって初めて自分の神経の図太さを知ったといいますか。。。

 

まぁ、今日の親知らずの抜歯の出来事も踏まえて書きます。

 

●ガクガク。。。

朝から、私は落ち着きがなかったです。とにかく緊張。っていうのも、その前の診察で先生があまり感じの良い方ではなかったからです。

それに、通院先が抜歯設備がないため大きな病院の口腔外科まで行ったのでなれない病院。勝手も違うのです。

それに、痛いと聞いていたのでなんだか本当に怖かったですね。

抜歯の注意点みたいな資料があって、その紙に39度くらいの熱が出るかもしれません。とか腫れるかもしれませんとか、結構な脅しみたいなことが書いてあるじゃないですか!!!

ガクガクしてましたよ。

名前呼ばれるまで、震えが止まりませんでした。

 

●いよいよ。。。

さて、席に着きました。抜歯です。その前に、説明があります。

「花子さんの親知らずは横に生えてしまっているので、削って砕くような感じで徐々に抜いていく形になります。」

砕く!?

もう、私のガクガクは増しました。砕くんですよ。砕く。

そして、先生今日は優しい。いろいろ気にかけてくださったので、先日の感じの悪さは忘れることにしました。この先生に、私の歯のすべてを任せるつもりで覚悟しました。

そして始まった治療。

どうやら、私の歯は固いみたい。先生、汗かいてましたからね。なかなか、うまく砕けないご様子。

歯科助手の方も、なんか吸引しながら首をかしげている。しかし、私は口を開けているしかできないし、何が起きているのかもわからない。。。

砕いては破片をとるの繰り返しみたいだったんですけど、もうね先生がいろんな方向から見て試行錯誤してました。

最後の根っこが抜けたとき、かなり根っこがしっかりしていたらしく、「おーすごい。」って言われました。

後から見たら、本当に深い根っこで驚いた。なんかね、その場が一致団結している感じが面白かったですw

 

●自分の神経の図太さ

先生と歯科助手さんと看護師さんが試行錯誤しながら、汗をかいて、なんども位置を変えるのに行ったり来たりしている様子。

それを観ていて私、

「今日のブログネタになるなwシメシメw」

と思っていたんです。

とにかく、観察していましたね。麻酔をしていて、痛みは無かったですし、なんかその場を楽しんでいました。

なんかね、改めて思うと、自分の神経の図太さに驚きましたねw

そして、ブログを書いている私wあれっ私って意外と強いかもw

 

●まとめ

いやぁー今ブログ書いてますけど、これからが怖いw

なんか腫れるんでしょ?熱出るんでしょ?

覚悟しながら、今日はブログを書けるので書いてますw

とりあえず、この親知らずを抜いたことで、親知らずと一緒に嫌なことも引っこ抜けていたらなと思います。

つらかったことも砕いてくれていたら、私はなにか変われるかななんて思っています。

さて明日からが勝負だ!覚悟します!