花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

うつ病の説明書

こんばんは、花子です。

 

うーん、母が働きに出ると父の当たりが強い。。。

母が働くと生活は潤うんですけど、家族で働いていないのは私だけになるのでなんか居心地が悪くなります。。。

 

母もいっぱいいっぱいで、私が不安を口にすると「また、うつ病?」と言ってくるから困ったもんだ。。。

 

それで、ちょっと考えてみました。

うつ病を分かりやすく説明できるものがあればと。

それで、試しに書いてみます。

ちなみに、これは私の症状から書くのであしからず。。。

 

●必死でおさえても効かぬブレーキ

時折、自分の意志ではない不安に悩まされることがあります。

不安で心も頭も体も支配されて、動けなくなることがあります。どうしようもなくなって不安を口にします。

でも、それは本当に不安な証拠です。家族に迷惑をかけてはいけないと思っています。

それでも、口に出すのは最大限の不安なのです。

心も頭も体も不安に押しつぶされそうなとき、必死になって不安のブレーキをかけようとしています。でも、そのブレーキはなかなか効いてくれないのです。

自分でもどうしようもなく、不安に支配されている状態は本当に苦しいのです。

しかし、そんな不安の中で罪悪感があるのです。

 

●波は大きい

ネガティブとポジティブのちょうどいいところに、なかなか心が行ってはくれません。極端に不安になりネガティブになる。もう終わりだ、どうしよう。。。

そう思った時もあれば、またある時は。。。

今日はなんていい日だ、自分はなんでもできる、人生はなんてすばらしいんだと思っているポジティブな時もあります。

つまり、大きな波を底へ行ったり天井まで行ったりするのです。その疲労感は体の疲労とは少し違います。

ポジティブになった次の日に、極端にネガティブになると後悔が体を支配します。楽しかった時間もすべて、反省に変わることがあります。

つまり、自分でなかなか心をコントロールできないのです。

 

●治りたいと願ってはいるのです

うつ病は、いつ治るという明確な答えが出ません。心の闇を解決したり、原因を取り除くことは容易なことではないのです。

長引く方も多いと聞きます。私も、あっという間に一年が経ってしまいましたが、いつ治るのかはいまだに不明です。

でも、必ず治る病気なのです。そして、なかなか治らないといっても、患者自身は病気に甘えるつもりはありません。病気は、想像を超えるほど辛く苦しいものなのです。

本当に治りたいと願っているのは、本人なのです。

 

●まとめ

前にも似たようなことを書いた気がします。でも、二か月前と今では、やはり病気に対しても思うところが変わります。

うつ病に対する戸惑いは、患者本人のみならず一緒にいる方にもあるでしょう。

そんな人の、力になる文章であればいいなと思います。

私も家族に、これを素直に説明できたらと思います。でも、なかなか出来ないのも正直なところです。素直に話せたとき、私の治療が少し進むような気がしています。

みなさんも、近くにいる人に素直り症状が話せますように。