花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

うつ病は悪いとこばかりじゃない

こんばんは、花子です。

グラチャンバレーを見ていて、ガッツポーズしたらかなりの勢いで机に腕を打ちました。。。

イタタタタ。。。

 

あぁ本当はね今、ブログ打っている場合じゃないのよ。。。

本当に、最後のセットを見ながらでブログを打つ手が震えています。

そして。。。勝ちましたぁ!!!

 

はぁ、こちらまでプレーした気分だ。。。とにかく良かった!

 

さて、本題です。

私は、うつ病と診断されたとき絶望しました。私自身が、当時はうつ病に理解のない一人だったのです。

私の人生、どうなるんだろう。。。

そんな不安が、病状をさらに悪化させました。

 

でもね、最近になって気づいたことがあるんです。

今日は、そんなお話をしようと思います。

 

 

●実は話せてる?

うつ病になる前って、意外と自分の感情を抑えていたんですよね。もちろん、そんな生活が私をうつ病にさせたんですけど。。。

でも、うつ病になってからは抑えても抑えても、不安が抑えきれない部分がありますよね。だから、なんか吐き出せてるかもって思ったんです。

確かに、うつ病になると不安も多いですが、うつ病になる前よりも感情は表に出せているかもしれません。

そう考えると、うつ病になってすべてが悪いことばかりではないのかもしれません。

 

●人の痛みがわかる

うつ病になって、自分がかなり辛いから、病気になる前よりも人の痛みがわかるようになりました。

病院行っても、同じ病気の人が頭抱えているとすごく気持ちが分かるし、外で人が苦しんでいる人を見ると手を貸したくなる。

それに、自分を助けてくれた人の勇気も強く感じられるのです。自分も、困った人をみたら、かなりの勇気がいることを知っているから。断られるんじゃないか、助けて迷惑になるんじゃないかっていう葛藤を飛び越えて助けてくれていると知っているから。

あとね、うつ病の人は人の辛さ苦しみを知っている分、察しがよくなっていると思うんです。自分のことだけじゃなく、人のことを人以上に考えています。人目を気にするっていいますけど、それをいい方向に考えたら、人一倍人思いだってことなんです。

もしかすると、うつ病になることで優しくなれているんじゃないかと思います。

 

●成長をするばかり

私は信じているんです、病気になって、私たちは最初、ここで何かが止まってしまった感覚に陥ります。というか、私がそうでした。

でもうつ病になって一年、私たちは成長しているんじゃないかと思い始めています。

だって、人よりもたくさんの苦痛を経験しています。その経験値は、この先も無駄にはならない役立つ経験だと思います。

そう考えれば、うつ病は絶望するものではなく成長できるものだと思えませんか。

 

●まとめ

一つ言いたいのは、うつ病を経験しろと言う意味じゃないんです。

ただね、私みたいにうつ病だと診断されたときに絶望してほしくないんです。そう思ってしまうと、病状は悪化してしまうから。

これは一つの経験だという感じで、受け止めてもらえればなって思って今回ブログを書きました。

うつ病は、決して絶望ではない。

皆さんに前向きに治療に専念してほしいと願っています。