花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

うつ病 私の治療の親展

こんばんは、花子です。

今日は、早めにブログ更新するはずだったのに急用が重なってハードに。。。

もうってなったけど、冷静に対処しました。

 

ふぅやっと書けましたw

 

さて、昨日は私は病院の日だったんです。

そこで私は、ある決断を迫られました。

今日は、そんな話をします。

 

●ODの過去と戦う

私は、何度も言いますがOD、リストカットによる自殺未遂の経験があります。

その後、私自身が薬に対して恐怖心があることと、OD経験があるために薬の管理に不安があるために、投薬治療をやめました。

カウンセリング一本にして、なんとか心の治療をしてきました。

その後に、手続きなどでかなり体調が悪くなり、やむなく頓服薬だけの投薬だけをすることになりました、一日2錠まで。薬は、飲むときは親が監視のもと。

しかし、私は頓服薬を恐れて飲みませんでした。OD後に、吐き気めまい頭痛を経験したのもあるので、やはり薬に抵抗があったからです。

でも退職をして、いろいろある手続き。。。不安は募るばかりでした。不安になる回数が増え、通院する回数が増えました。

頓服薬を飲みたいけど、怖い。それが、ODの経験の戦いだったのです。

 

●先生からの提案

昨日、先生と話をして、先生からある提案がありました。それは、投薬治療の再開でした。

私は、理由を聞かずに拒みました。投薬治療の再開というのは、つまり毎日のように薬を飲むことです。

もし誤って薬を飲んでしまったら。。。もし不安に押し殺されて同じ過ちをしてしまったら。。。

しかし、先生はこういう提案をしました。薬は、必ず親の管理のもと。不安に押し殺されそうになったら、かならず病院に電話すること。

でも、今の私なら過ちは起こさない。今回の病状的に、私自身の病状が悪くなっているわけではない。

ただ、病気を治すために一時的に投薬治療を再開するのがいい。

特に私の場合、ストレスが歩行障害につながったり、耳が聞こえずらくなったりするので、今手続きなどが多い時になるべく不安をなくしていかないといけない。

足や耳を治すため、そして新しい症状が出ないために今の家に治療すべきだと言ってくださいました。

それが、先生からの提案だったのです。

 

●私の決断

前にブログにも書いた通り、当初、右耳の異常だけだった私の心因性難聴が左耳にも表れたり、円形脱毛症が出たり、、、。

ストレスが体に出やすいのかなというのは、ここ半年で分かったのです。

これが、今度もう一つ症状が出たらと考えました。

やっぱり、怖いです。それこそ、絶望だと感じるかと思います。

先生の言葉にかたくなに拒んでいましたが、私は冷静にちゃんとうつ病と自分の症状と向き合って投薬治療を再開することを決断しました。

 

●まとめ

親にもきちんと説明し、薬局で薬をもらうとすぐに母に渡しました。

昨日、薬を久しぶりに飲みましたが吐き気もなくちょっと安心しています。

あと、薬が効いているのか今は、不安が軽減されているような気がします。

確かに最近、不安を自分で押し殺していたなと今日思いました。でも弱音を言えなくて、しんどかったなと。。。

通院もこまめなので、一度にもらう薬の量も少ないので、少しだけ安心です。

多分、先生もODをした経験がある私に投薬治療を提案するのはかなりの勇気がいることだったと思います。

そんな勇気ある提案をしてくださった先生を信じて、私は治療をしてみようと思います。