花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

うつ病になって初期と今との違い

どうも、花子です。

 

今日は、ハローワークです。

そして曇ってます。。。

まぁ気持ちを切り替えて、明るい気持ちで出かけます。

 

うつ病になって、もう一年ちょっとになる私。

改めて、初期と今を比べてみました。

 

少し希望を持ってもらえればいいかなって思います。

 

●戸惑わなくなった

うつ病になった時って、経験したことない不安とか気分の変動とかで戸惑っていました。その戸惑いでさらに、不安になる悪循環がありました。

例えば、天気が曇りとか雨だと頭痛に襲われて、吐き気もするし、さらに憂鬱だし。。。

それって、本当にかなりしんどかったんですよね。

でもね、今は仕方ないって開き直ってます。

きつかったら、雨だから仕方ないとか。。。天気予報みても、明日は不安になるから仕方ないみたいな感じです。

うつ病ってものが、どんなものなのか一年で大分把握できるようになりました。

 

●罪悪感がなくなった

仕事している頃、休みとかもずっと寝ていて。それが罪悪感になって、不安になることが多かったんですよね。

ごめんなさいってずっと心のなかで謝ってました。

それが、あんまりなくなりましたね。今は仕事を退職して、もちろん働いていないことに罪悪感はありました。

でもね、病気を治しているんだっていうきちんとした気持ちを持っていれば、罪悪感は必要ないんじゃないかなって感じています。

寝てるのも、休んでいるのも、働いていないのも、病気の治すためと考えれば、心の中のごめんなさいは少しは軽減されます。

だから、一年たって、気持ち的には楽になっているかもしれませんね。

 

●今を生きることができた

うつ病になって初期は、見えない未来について悪く想像してしまって頭を抱えることも多かったですね。

お金が無くなったらどうしようとか、病気がずっと治らなかったらどうしようとか、ずっと働けなくなったらどうしようとか。。。

でも、今はちょっと違いますね。

確かに、この先のことは不安にならないっていったら嘘になります。

しかし、今日を生きることが重要なんだって考えに変わってきています。

一日生きた自分を褒められるようになりました。

ちゃんと今と向きあっていますね。

 

●まとめ

いかがですか?

私自身が、確実に治っているっていうふうに信じているんです。一年たって、信じられるようになりました。

確かにいえるのは、確実にいい方向に向かっているってことですね。病気についてちゃんと知識をつけて、私なりに治り方を模索できるようになりました。

だから、もしうつ病と診断されて暗い気持ちになっている人がいたら、大丈夫ですと言ってあげたい。

今は戸惑っていても、ちゃんと病気と向き合える日が来ます!

大丈夫!私たちは絶対に治る!