花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

パワハラ被害から働くまでにできること

どうも、花子です。

私は只今、求職中です。

ハローワークに通ったり、積極的に働くきっかけになれるような場所に通っております。

私の場合、お医者様の指導により障がい者枠での求人になります。

 

しかし、ひどいパワハラを受けた私は、働くことへ恐怖心があります。

また、同じことの繰り返しではないか?

同じことが起きた時、今度こそ立ち上がることができないのではないか。

そもそも、働くことができるのか。。。

 

そういう中で、実際に復職された方や同じパワハラ被害を受けた方のお話や、お医者さんと相談したりしながら今回ブログを書きます。

 

仕事探しは、すぐに仕事が見つかるわけではありません。

それに、ちゃんとした心構えがないとできません。

そういったことを、書いていこうと思います。

 

●自分が何をしたいのか

求人が出ているから、応募する。でも、それが本当に自分のしたいことなのかちゃんと固まっていますか?

確かに、したい仕事をしている人は世の中には少ないものです。

でも、大きなくくりで自分のやりたいことをきちんと把握しておくことは大事なことだと聞きました。

そうすることで、働くことのモチベーションが上がるんです。

例えば、事務とか。。。サービス業とか。。。もちろん、自分の体調と向き合いながら考えてみましょう。

 

●これが最後じゃない

私、最近になって思うんです。次の仕事がもしだめでも、また次を探せばいいって。

確かに、次の仕事こそ成功したい。もう仕事を変えるなんて嫌です。

でも、次ダメだったらもうおしまいだって訳じゃない。

つまり、気持ちの持ちようなんです。そう考えれば、肩の力が抜けます。

楽に仕事探しができるんではないでしょうか。

あまり、次こそはと考えていると面接や試験のときに企業側にも伝わってしまいます。

それに、自分自身も疲れてしまいます。

もう少し、楽に仕事探しをしましょう。

 

●自分の実力を信じて

きっと、パワハラ被害者が辞める理由も決して仕事できないからじゃないと思うんですよね。

私も自分で言うのも嫌ですけど、PC使えるのは自分だけだったし、それなりにまとめる立場だったんですよね。

でもね、仕事辞めると本当に自分の実力不足だったんだって思ってしまうんです。

しかし、仕事探しで持つべきものは自信です。

あなたには、確実に実力がある。そう信じれば、その自信が受けた会社の人にも伝わるはずなんです。

やっぱり、姿勢って大事ですからね。自信こそが、きっとあなたを素晴らしい職場へと導いてくれるはずです。

 

●まとめ

私も、早く働ける状態になりたいと願っています。

でも、やっぱりトラウマが邪魔をさせます。そんな中で、今の自分に何ができるかなと考えてブログを書きました。

皆さんが、すごく良い職場に出会えることを私は祈っております。