花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

今回、こんなプロジェクトを開始しました

 

どうも、花子です。

 

このブログを開設と同時に、私は

うつ病などの精神障害の理解を広めるフリーペーパーを作り起業したい

というプロジェクトを考えて、CAMPFIREさんで支援を募っていました。

 

残念ながら、期限の80日が経ってしまいました。

二人の方が支援してくださいまして、本当にうれしかったです。

しかし残念ながら、資金がまだ足りていおりません。。。

 

それで今回!!!

再掲載をさせていただくことになりました。

それが、こちらです↓↓↓

それで、以前も話したかもしれないんですけど。。。

今回のこのプロジェクトについて、私の切実な思いを語らせていただこうかなと思います。

それで、多くの方に知って頂きたいのです。

 

うつ病になって初めて見えた景色

うつ病になる前は、精神障害についてはまったく関心のなかった私です。

自分の異変に気付いて、精神科に行って『うつ病』だと診断されていろいろ知ったのです。

家族に説明しても、頭にはてなマークが浮かびます。そして、関係性がちょっとギクシャクし始めました。

友達にカミングアウトするも、私から離れていった友人も多いです。

近所の人にも言えないですし、何か隠しながら接している感じが嫌でした。

うつ病になって見えた、理解が薄い景色がありました。

そういう経験から、私は何か変えていきたいなと考えたのです。

 

●力になりたいと思った

正直、私自身は無力です。これは絶対。

ですが、同じ病気を抱える人と接する機会もありまして、心の病気なのに生きずらさを感じているのは辛いなって思いました。

私も経験ありますが、生きずらくてそれでまた苦しくなる。それって、やっぱり矛盾しています。

だから、同じ病気の人の力になれることがしたいと思いました。

こんな私だけど、誰かが立ち上がれば、何かが変わると信じて考えたのです。

 

●気軽に受け止めてもらえれば

最初の話に重なるんですけど、今でも思い出します、友人が私がうつ病だと知ったときの顔を。

別に、うつ病だからとか言って危険な人ではありません。

普通の病気と同じように受け止めてもらえればなって想うんです。

職場でも、友人関係でも、恋人関係でも、家族でも気軽にうつ病などの精神障害を受け止めてもらえればなって想うんです。

 

●最後に

冊子という形に残せるものが一番かなって考えました。

冊子だとすべての世見ることができるかなと考えました。支援ではなく、まずはできるだけこのプロジェクトを広めていただきたいのです。

どうか、この気持ちが多くの人に伝わればいいなと思います。

どうか、よろしくお願いいたします。