花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

うつ病を『なんでやねん』で乗り切る

どうも、花子です。

今日は、ずっと曇ってて体調が悪く、開き直って寝ていました。

何をしてもなんか治らなかったので、やっぱりそういう時は仕方ないですね。。。

 

愛猫の虎松も寝ていたので、寄り添って寝ました。

 

おかげで、なんとか今は体調が安定しています。

 

さて、うつ病になって今まで通りのように生活はできなくなりました。

病気を隠す場面も多いし、偏見を持たれるところもある。

 

でもそんな私も、うつ病になって一年。

過ごしやすいように自分で何ができるのか分かってきました。

 

うつ病だからこそ、楽しんで生活しなければ!

 

理不尽な生活に対して、『なんでやねん』と突っ込みを入れると、深刻な問題が(笑)に変えられるのです。

 

今日は、そんな私の『なんでやねん』を紹介します。

 

●親戚の集まり

親戚の集まりでは、基本的に私はうつ病の事を隠さなければいけません。

しかし、そんな時に限って親戚の話の中でうつ病の話になったりすることも。。。

NHKとかで、うつ病の特集をしているとそれを見て話をしているらしいんです。

でもね、絶対にカミングアウトできないなって思うんです。

「あのね、この間うつ病の特集をやってて、ちょっと感動しちゃった。でもねーああいう病気になるとどうなのかしらね。。。家族にいたら大変よね。。。だから、うちの親戚は平和よね。。。」

「なーんーでーやーねーんー!」

って笑い飛ばします。ちなみに、心の中ですよ?

この親戚は、何に感動したんだろう。そもそも、誰がなってもおかしくないんですよね。隠しているこっちとしてはつらいですけど、おばさんにたいして突っ込みを入れることで、辛さを軽減できるのです。

 

●市役所にて

前にも話をしましたが、市役所でいろいろ手続するときに、手続きによってはうつ病であることを言わなければいけないんですよね。

そういうときに、突っ込みどころは満載ですね。

「私、うつ病で仕事を退職しまして。」

と私が言うと

うつ病?あー精神病の。。。」

と市役所の人が。すると、市役所の職員の人がヒソヒソと「あの人、うつ病なんだって。」

うーん。そんなに珍しいかな。。。

「うつ。。あっ花子さんお持たせしました。」

と職員の方が。。。

今、今、うつ病って言いかけたよね?

「なーんーでーやーねーんー!!!」

陰でうつ病だって噂しているからそうなるんじゃー!!!

ここまでくると、わらけてきますね。

 

●まとめ

今日はここまで。

とにかく、病気でも病気ではなくても理不尽なことばかりです。

でも、それを笑いに変えられるかどうかで、過ごしかたって変わるんじゃないでしょうか。

私はこの方法で、ちょっと毎日が過ごしやすくなりました。

もしよければ参考にしてみてください!