花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

強迫神経症についてお話します

どうも、花子です。

 

逆流性食道炎と寒暖差アレルギーで、ボロボロな一日でした。。。

いやぁ、思い出したら去年もこの時期にいろんな病院に行っていた気がしますw

かなり辛いんですよね。。。

 

逆流性食道炎は特に。。。そういえば、去年は人生初の胃カメラを飲んで一気に病院嫌いになりましたw

 

もうやりたくない。。。

 

さて、本題に入ります。

私がうつ病になった頃、同時に併発したものがあります。

それが『強迫神経症』です。強迫性障害ともいうそうです。

 

今日は、『強迫神経症』についてお話します。

 

強迫神経症とは?

強迫神経症には、いくつかの種類があります。

ばい菌などの汚いものへの極端な恐怖心そしてもし触ったらという強迫観念。

自分のしたことが不安だらけで、何度も物事を確認してしまう強迫観念。

自分は人を傷つけてしまうのではないかという強迫観念。

この強迫観念は、すべて自分に向けられているものです。つまり、自分で自分を強迫しているのです。

そして、自分がしたことが不安である強迫観念は、家族や他人などに確認させる巻き込み型というのもあります。

強迫神経症は、自分で自分を責めている状態にあり、自分を信じられないので、常に不安なのです。

 

●私の経験

私は、巻き込み型というものになりました。

まず、私の場合をお話します。

私は飲食店で働いていました。一応、人をまとめる立場にいたので、閉店作業後に鍵をかけてセキュリティーのカギを閉める仕事がありました。

しかし、突然、私は自分で行ったことすべたが信じられなくなりました。

冷蔵庫はきちんと閉めただろうか?食品の発注はきちんとできていただろうか?鍵は閉めただろうか?セキュリティーの鍵は?

それが不安で、帰り道に店に戻って何度も確認し、挙句の果てには、両親に来てもらい鍵がかかっているか確認してもらいました。

その後、異変に気付いて病院に行ったところ強迫神経症と言われました。

その原因は、私の些細なミスで上司が怒鳴るようにみんなの前で怒ったからです。

その恐怖心から、私は自分自身を強迫するようになりました。

それでも仕事はしなければいけません。

私は怒鳴られてミスはしてはいけないと上司に言われたからと、部下たちにすべてのチェックを念入りにしてもらうことにしました。

不自然だったかもしれません。しかし、部下たちも私が怒鳴られているのを知っていたので、快く引き受けてくれました。

鍵は、セキュリティーの鍵をかけると外に青いランプがつくんです。そのランプを、両親に迎えに行ってもらって一緒に外から確認してもらいました。

そうやって私は、仕事をしてきたのです。

 

●原因とは

私の場合は、上司に怒鳴られるという経験をしたことが大きなストレスになり、それが自分を強迫するという形になりました。

基本的に、ストレスが本当にマックスになったときになるという結果も出ているそうです。

それと完璧主義者や几帳面な人にも多いそうです。

あと、きっかけがなくてもなる場合もあります。ちょっとでも、自分の異変に気づいたら病院へ行くことをお勧めします。

 

●まとめ

実は私、職場を離れた今でも、強迫神経症と戦っています。電気を消したか10回以上確認したり、鍵のチェックをしすぎて待ち合わせに遅刻したり、仕事をしなていない分大きく目立つ行為はないのですが、わたし自身、こことが休まる時間が人より少ないのも現実です。

これもパワハラによるものだと思うと、悲しくなります。。。

あと、自分で自分の異変に気付かない人も多いそうです。私の場合、自分とあとは家族に言われました。

どうかもし近くの人間が、何度も確認したり、汚いものへの恐怖心を抱いたり、確認を一緒にしてほしいと頼まれたり、今までと様子が変だったら病院を受診することを勧めてください。