花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

近くに広がるパワハラ被害

どうも、花子です。

愛猫の虎松が膝の上で寝ております。

若干、爪を立てて寝ているので痛いです。。。

可愛いから許すけど💛

 

あと、父にうつされた風邪が悪化しつつある。。。

思い出したけど、仕事していたころ、風邪をひいて休むことを許されなくてエナジードリンクで薬を飲んでたな。。。

 

絶対にマネしないでくださいね。。。

 

さて、本題に入ります。

私の知っている企業で、パワハラがあったようです。

今日は、そのことを踏まえて、パワハラについて改めて書いていこうと思います。

 

●逃げる勇気も大事

私がうつ病になったのは、やはりパワハラです。

そしてうつ病になっても、私はパワハラに耐え続けました。そして心因性歩行障害や難聴を併発してしまったのです。

うつ病と診断されていた時に、もっと早く事を深刻に考えていればと思います。

トラウマになるまで耐えていました。そのトラウマが結果、私を自殺未遂までさせてしまったのです。

逃げることも大事であったと、今なら思います。死を考えたりする前に、逃げること、そこから脱出することは大事なのです。

生きてなんぼなんです。生きることで道は開けます。

逃げるではなく、脱出すると考えてください。生きるために、脱出するのだと。

 

●今の子が弱いんじゃない

パワハラのニュースを見た時、

「最近の子供が弱くなっているんだ。」

そんな声を聞きました。悲しい言葉だと思いました。

確かに、昔は怒鳴って怒ったりするのも普通だったのかもしれません。

しかし、時代は変わり、便利なものが増え、それに伴い教育方法も変わりました。

そうなってくれば、時代に沿った指導方法があります。

それに元々、指導が過度なものなど、指導ではないのです。仕事を辞めたいと思わせたり、死にたいと思わせることなど絶対にあってはいけないのです。

だから、決して弱くないのです。

私は逆に、このネットやSNSが発達して人間関係が複雑の中で社会人になっている今の子こそ強いような気がするのです。

それなのに、パワハラを弱いからというのは間違っています。

 

●もっと深刻に考えるべき

パワハラによる自殺のニュースなどで、会社側の弁解は実に軽いように感じます。

「注意にすぎなかった。」

パワハラという認識はなかった。」

「被害者との意見の相違があったかもしれない。」

こんな弁解で済む様なことではないのです。

人が一人、会社が原因で亡くなっているのです。

もっと深刻に考えるべきです。それがもし自分の家族が被害者側だったら。。。

誰もが、許せるものではないと思うのです。

もっと大きく問題化してほしいと思います。

 

●まとめ

パワハラのニュースを見ました。

私の両親は、他人事とは思えないと言って深刻そうにニュースを見ていました。

その被害者の家族のことを思って、両親は何を思ったのでしょうか。

改めて、今回、いろんな思いがあって書かせていただきました。

早く、一刻も早く、パワハラがこの世から消え去りますようにと願っています。