花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

母親について考える

はい!花子です!

 

体調が悪いうえに、悪夢を見てしまった。。。

勘弁してくれと思いながら、なんとか一日を過ごせましたw

 

腰痛と胃痛は、変わらずなので来週にでも病院に行ってきます!

胃カメラか。。。いややなぁ。。。w

とりあえず、頑張ります!

 

昨日は、ネガティブブログすみません。

 

なんとか復活しました。たぶん、これからもネガティブになることはあると思うんです。でも、それも仕方ないと思いながら頑張ろうと思います。

 

今日は、一週間前から書こうと思っていた題材です。

ずっとほしかった漫画を買いました。

 

その漫画を見て、思ったんです。

もし私が母親になった時のこと。まだ先かもしれないんですけど。。。

もしかすると、一生ないかもしれないんですけど。。。

でも、考えました。

 

ちなみに漫画はこちら↓↓↓

 

ねぇ、ママ (A.L.C.DX)

ねぇ、ママ (A.L.C.DX)

 

 私の大好きな、プリンセスメゾンで有名な池辺葵さんの漫画。ずっと読みたかったんですけど、私の家の近くの本屋にはなくて。。。この間、ようやく書店で見つけました。

 

今日は、私がこの漫画を読んで、一週間くらい母親について考えたことを書こうと思います。

 

勘違いしていた

 

私はこの28年間、もちろん独身です。

それで、28年間ずっと思っていたのが、結婚したり、子供を産めば自分の時間が無くなると。

自分のためにお金が使えなくなるし、ある程度の我慢は必要。

これは、前の私の考えなのでご了承ください。

ちょっと縛りができるのかなと思ってました。

でも、子持ちの知り合いとかに聞くと。。。そんなに苦痛な声は聞かないんです。自分のことはどうでもいいくらいの愛情がそこにありました。

私は、28年間、何かを勘違いして過ごしてきたのかなぁ。ちょっと反省しました。

 

なるんじゃない

 

私は、母親になる自信が正直ないです。。。今は自分のことで手一杯だし、正直、私なんかが母親になったら、、、。そんなことを考えてしまうのです。

そんな私に、『母親になる』は間違っているといった方がいました。

『母親にさせてもらうんだ』とその人は言いました。

たぶんですけど、自信満々で母親になれる!という人はなかなかいないと思います。

でも、子供を産んだ瞬間に、知らぬうちに愛情が芽生える。生まれたことへの感謝も一緒に生まれる。

だから、大丈夫だと。私は、なんか自分の未来について光が見えた気がしました。

 

『ねぇママ』の感想

 

正直、この漫画を読むまではもしかしたら、母親ではない私には縁のない漫画かもと思っていました。

でも、それは違いました。

自分の母親の大切さを知ったし、少しでも母親について考えることができた。

ちなみに、いくつかの母親について短編の漫画が入ってます。

自分が反抗期だった時、思春期だったとき、何かに悩んでいた時。。。

そんな時、母は何を思ったのだろうと思うのです。

女性には必ず読んでほしい、作品だと思いました。

 

まとめ

 

たぶん、女性の方ならもしかすると、この壁にぶつかるのかもしれません。

母親になることに対する恐怖心や、不安などが。

でも、愛情があったり、愛したいと思う気持ちがあれば、そんなに難しいことではないような気がします。

私がもし、母親になる時、またこの漫画を読みたいと思いました。