花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

雨でもうつ病でも大丈夫

はい!花子です!

 

徐々に心の体調も、なんとかなってきました。

 

明日から台風の影響で、雨が続くそうです。

それを聞くと、それだけで不安になる方も多いと思います。

 

私も経験がありますし、現在もそれと戦っています。

 

雨が降ったり曇りだったり、それだけでいきなり不安が頭をよぎる。

今まで考えなかった不安や、なんでもない不安がいきなり。

 

それが、どれだけ苦しくて辛いものなのか私は知っています。

 

私のブログで、その不安を完全に取り除くことはできません。

でも、もし力になれるのならと思って書きます。

 

一言つぶやく

不安が募って、どうしようもないときは、一言こうそうつぶやいてください。口に出しても、心の中でもどちらでもOKです。

「私はきっと大丈夫。」

そうつぶやくだけで、少しだけ心から不安が取り除けます。

私はそうしていました。

恥ずかしながら、私の家族はうつ病の都会が全くありません。だから、不安を口にすることは許されなくて。

でも、そういう人って多いと思います。そうなったとき、頼れるのは自分だけ。

だから、自分の心に言い聞かせてみてください。その言葉は、きっとあなたの心が待っている言葉かもしれません。

 

生きているのを褒めて

 

不安になっているあなたの心臓に、そっと手を当ててください。

その心臓は、ドクドクと音をたてて動いているはずです。

それは、当たり前ですが生きている証拠なんです。

不安の中でも、あなたが必死に生きている証なんですよ。

それを褒めてあげましょう。生きるのって大変なんです。そのうえ、病気を抱えながら生きているあなたは、とってもえらいんですよ。

だから、そんな自分をほめてあげませんか?

私は生きている。雨の中でも、大きな不安の中でも、その心臓が動いている。

だから、思いっきりほめてあげてください。今のあなたに、責められる部分なんて一つもないんですから。

 

目を閉じてみて

 

うつ病の患者さんが、天候の悪い日などに不安を訴えたり、体調を崩すのは、気圧のせいだとも言われています。

でも、そうであっても、私はアイマスクなどをしていったん景色を遮断しています。

好きな音楽を聴いて、雨であることを目と耳だけは感じないようにして過ごすことがあります。

頭の中で、なるべく楽しいことなどを思い浮かべたり、そのまま寝てしまったりするんです。

それでいいんです。だって、その不安はあなたのせいじゃない。天候のせいなんですから。

ちょっとすっとんきょうなアドバイスかもしれません。でも、これだけで少しでもあなたの苦しみや悲しみや辛さが軽減できたらなと思うのです。

 

まとめ

 

もし参考にならなかったらすみません。

少し、私の話をします。

私はこの一週間、かなりつらい日々を過ごしました。

地元の知り合いに、働いてないこと、病気に回復が見られないことに対して、ひどく言われてしまったんです。責められたに近いかもしれません。

そんな中で、働かなくちゃ、治さなくちゃ、早く働かないと自分は周囲に認められないと必死になって。でも、気候は安定しない中で体調を崩して。

両親に言っても、理解はしてもらえなくて。孤独でした。生きている意味とか考えちゃって。。。自暴自棄になって、過去の生きることに絶望した自分に戻りそうになりました。

でも本当に寸でで、なんとか自分を抑えて、生きている自分をほめました。絶対に、私みたいになってはいけないんです。

だから、私と同じように悩んでいる人の少しでも力になる文章が書きたかった。伝えたかった。

私の言葉は、無力かもしれません。でも、ちょっとでもみなさんが楽になれたらと書きました。

大丈夫です!やまない雨はありません!