花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

猫に救われた1週間

こんばんは!花子です!

 

本格的に、体がやばい。。。

明日病院に行ってみてもらいますが、検査によっては1週間くらいかかるものもあるそうで。。。

不安と戦う1週間になりそうです。。。

なんか、何もなければいいのですが。。。今までいろんな病気を経験していやな予感がするのです。。。

でも、ブログは変わらず更新します。

結果が分からなくたって、生きているし。生活できる。同じ1週間なら、やっぱり少し忘れながら楽しんで生きていたいのです。

 

それに、このブログが私の生きている証の一つなのです。

 

 

www.xn--p8j0c4934a.online

 このブログのまとめで、1週間くらい過酷だったという話をしました。

 

冗談じゃないくらい、辛いことだったんです。

書こうか迷ったんですけど、あえて書かせていただこうかなと思います。

 

結局、何があったのか

 

就活にも積極的で、とにかく前向きだった1週間のはじめ。

地元の知り合いに、うっかり会いました。

そもそも、その人は私がうつ病であることも知っているし、ある程度の理解はあると思っていたんですけど。。。

病気のことを詳しく聞かれて、近況も根掘り葉掘り聞かれましたね。

その結果、「なんか休んでいて羨ましいよ。まだ働いてないし病気も治ってないんだ。。。」という言葉を。ここまでは耐えられたんですけど、もっと頑張っている人はいるとか、気の持ちようとか、努力が足りないとか。。。ちょっと詳しくは書けないんですけど、言われてしまいまして。

重なるときは重なり、両親とも喧嘩。体調も安定しない中で、家族には理解されなくて。

実家なのに孤独を感じまして。。。

本当に前向きになっていたときに、ドーンと落とされたので余計に絶望まで落とされたんです。

 

もう駄目だ

 

1週間、基本的に自分の部屋にこもっていました。外出はありましたが、いつもはリビングでテレビを見る私ですが、家にいるときはなんか誰とも会いたくなかったんです。

でも、家にずっといると、暗い気持が増すんです。

家族と顔を合わせると喧嘩になるし。。。

そんな時に、邪悪な気持が私を襲いました。

馬鹿みたいに、生きることを拒絶した過去の自分と同じ考えをしてしまいました。

「もう、駄目だ」

自然と、そんな言葉を口に出してしまったのです。

 

救世主

 

もう何もかも駄目。この先、自分に明るい未来などやってくるはずない。

そんな絶望の中、扉からカリカリという音がします。

扉を開けると、愛猫・虎松がいました。

いつもは、扉が閉まっていてもカリカリしないんですよ。それなのに、扉を開けたらずっと虎松が鳴き続けているんです。

わからないですけど、本当かはわからないですけど、もしかすると何か察してくれたのかもしれません。

その日、私がどこへ行っても離れない虎松。

こんなことないのになぁ。でも、救われたんです。

そして思ったんです。生きなくちゃ。この子のためにも生きなくちゃって。

そして、私は今日も生きています。

 

まとめ

 

私の家に来たのは、まだ自殺未遂の傷の癒えない時期のことでした。もうこのブログを書いていましたが、手首の傷はあるし、不安の中だったんです。

いろんな縁があって、虎松は私の家にやってきたのです。

来たばかりのころ、私たちがいなければこの子は生きられない。だから、私がきちんと生きようと決めていたのに。。。

だめですね、私。

虎松に救われてばかりです。だから、全力で私は生きようと思います。

今回、書こうか悩んだんですけど、心配してくださる方とかもいたので、大丈夫ですという意味もこめて書きました。

明日からも、いろいろ過酷なんですけど、どんな結果でも耐え抜き生きていこうと思います!