花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

『行きたくない』を止めたくない

どうも!花子です!

 

『行きたくない』これは、いろんな意味合いがあると思うんです。

いろんな場所に行きたくないって、もしかすると皆さんが一度は思ったことのあることかもしれません。

でも今日は、こちらです。

仕事に行きたくない

学校に行きたくない

今日は、この『行きたくない』について書いていこうと思います。

 

これは深刻な問題なんです。

この二つを言うのって、すごく勇気がいることなんです。

怖いことなんです。

 

『行きたくない』はSOS

 

学校に行きたくない、仕事に行きたくない。これを言われた瞬間、言われた側は何を思うでしょうか?

さぼりたいだけだと思うのでしょうか?言った人間を、弱いと思うのでしょうか?

私は、違うと思うんです。

『行きたくない』は、そこまで頑張ってきた人間がようやく言えた勇気なんだと思うんです。

最終的な、SOSなんです。

『行きたくない』を言った人は、本当は分かっていると思うんです。学校に行かなければ、仕事に行かなければ、この先どうなるかってことを。

それでも、家族が友人にそれを言ったのなら、それは助けを求めていると知ってほしいのです。最大のSOSなのだと知ってほしいのです。

 

『行きたくない』が許されにくい

 

私もそうですが、仕事を辞めたと言うと、まるで人生が終わったようなことを言う人がいます。

そういう世の中なんです。落ちこぼれというレッテルをはられたりもします。

でも、違うと思います。

『行きたくない』を認めなければ、その人はどこに今度は助けを求めたらよいのでしょうか?耐え続けて、耐え続けて、その結果、取り返しのつかないことになるよりもずっと良いと思うんです。

お金や学歴の心配もあるかもしれません。でも、それは本人の問題なんです。

周りが言う必要なんてない。

楽をしたいから行かないんじゃない。その先に何があったとしても、苦しいから『行きたくない』なんです。

その行きたくないが、どれだけのものが重なったものなのかを分かってほしいのです。

 

『行きたくない』を止めたくない

 

私の親友は、慣れない仕事を必死で頑張って、耐えて耐えて仕事以下の収入でも毎日仕事に行きます。

つらいのは、すごく良く分かります。

たまに、そんなに辛いのなら転職すればいいと簡単に言う人がいますが、そんなに簡単に転職が決まれば苦労なんかしないんです。

仕事をしながら、次の職を探すのは大変なことだし、なかなか決まらない人もいるんです。

もし私の親友が、私に『行きたくない』と言ったのなら、私はそれを止めたくない。

むしろ、そこまで耐えたことを褒めてあげたい。

よく頑張ったね、一回休もう。と讃えてあげたい。

親友が生きていることを、私は良かったと思いたい。

無責任にこんなことを言えないんですけど、これを読んでいる人の近くの人が『行きたくない』と言った時、本当はそれを止めてほしくないんです。

すごく大切な人なら、なおのことなんです。

『行きたくない』を止めてしまったら、その人を失うかもしれない。そういう重要性の意識が広まってほしいなって思います。

 

まとめ

 

このブログは、賛否あると思うんです。無責任だとか、言われるかもしれないとも思っています。

『行きたくない』までにいった経緯は、本人にしかわからないんです。

うまく言えませんが、『行きたくない』と言った時にネガティブな思考ではなくて、言えたというポジティブな考えでいいと思うんです。

とにかく言いたいのは、その人が生きているだけでいいじゃないってことなんです。

そのあとのことは、本人がちゃんと戦うことなんです。

理解してとまでは言いませんが、簡単に止めないでほしいという気持で書きました。