花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

不運続きだと感じたら

はい!花子です!

 

最近、ついていない。。。

これは、本当に今日の今まで、私が思っていたことです。

ついていない時というのは、まるでそれが永遠に続くかのように感じます。

もうダメかもしれない。。。

そうやって、感じてしまうもの。。。

不運で、隣の芝生は青く見えて。。。

自分だけ、どうして。。。

世の中、不平等じゃないか。。。

自暴自棄になるかもしれません。

 

でも、生きていかねばなりません。私たちの生活はそれでも続いています。

 

なので今日は、私みたいに「不運だらけだ。。。」と落ち込んでいる人に向けて書こうと思います。

 

 

考えるのをやめてみよう

「どうして」「なんで」「何が原因で」そう考えると、ますます深くネガティブな方向へと心が行ってしまいます。

不運が起きた時、理由や原因というのは後付けの場合が多いのです。

本人や第三者が、納得したくてつけるもの。でも、それを考えても解決策にはなりません。

もう、考えるのをやめましょう。思考をストップ。考えるのをやめたら、自分が不運であることも知らぬ間に忘れているものです。

考えて見えない解決策を探すよりも、今は自分の心を休めましょう。考えるのをやめることで、十分にあなたの心は休まり、あなた自身も楽になるはずです。

 

通過点です

 

さきほども書きましたが、ついていない時や不運が続くとその時間が長く感じます。ゴールの見えないトンネルを、歩いているような感覚に陥ることもあります。

しかし生きてくうえで、その不運が続く時間というのは一瞬に過ぎないと私は考えています。

長くても長くても、やまない雨は無いのです。

もしそれが、あなたが幸運へと進む通過点だとすれば、その不運もの重さも軽く感じるはずです。

不運に耐えているのなら、きっと報われる日が来るはずです。

私はそう信じたいのです。

 

貯金だと考えて

 

不運が続いたとき、私は冷静になって思うのです。

「運を使うのは、ここじゃなかったんだ。」

耐えるのはつらいし、苦しいです。

しかし、正しいところで運って使うかどうかで人生大きく変わると思うんです。

苦しいけど、辛いけど、ここでは運を使ってはいけなかったんだ。

運を貯蓄できているんだって思うようにしたんです。

今はまだ、私には貯蓄した運があると思えば、楽になれたんです。

 

まとめ

 

最近、私は確かに苦しかった。。。

ここまで続くかと思うほどでした。なので、ブログもなかなかうまく書けなくて。。。すみません。。。

まだ解決したり、心は楽になってはいないんですけど。。。心の切り替えはなんとかできました。

書きたい題材はいろいろあるので、明日からまた書いていきます。

不安を抱えている方が、少しでも早く不安から離れられることを私は願っています。