花うつ

花子28歳独身。パワハラによるうつ病に悩まされ、リストカットにまで追い詰められた。でも、うつ病は必ず治る、私なりの独自の治し方で、うつ病と向き合っています。うつ病に効く食材を使った料理紹介や小説も公開予定です!現在はフリーライターとしても活躍中。お仕事依頼もよろしくお願いいたします。お仕事依頼は、south1989.1322@gmail.com まで!!小説家志望ですので、いつか本を出せたらいいなと言う野望も持っていますw

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

病気の時だけの日常

どうも!花子です!

 

うつ病になって、このブログでも話していますが偏見の目に悩まされたんです。

うつ病だとカミングアウトすれば、意外と厳しい目でみられることも多くて。

そんな中だから、余計に落ち込むことも多くなったり。。。

 

こちらの気持ちと、第三者の気持ちの違いがかなり大きくて。。。

そういう人たちの関わりたくは無いんですけど、生きていくうえで付き合わなければいけない部分もあって。。。

 

私が今でも忘れないのは、とある人にうつ病であることを伝えた時に、一瞬にして目が変わった。

もう、この人とは前みたいに付き合えないんだって一瞬で分かったんです。。。

 

すべてがそういう冷たい人ではないと思うんです。。。

でも、もしそういう人と関わってしまった時に、病気を抱えた人はきちんと心に大きな物を持っていてほしいんです。

それで、心をさらに病んで欲しくは無いんです。

今日は、そんな話をしていきます。

 

怠けているんじゃない

 

私も会社を休職し始めた頃、周りからも言われて、こう思ったんです。

「怠けているんじゃないか。」

こう感じたんですけど、でも打開策が浮かばなかった。病気はすぐには回復しないし、空回りすればするほど、ネガティブになっていくんです。

ゴールの見えない何かと戦っていたんです。。。

ん?うーん。。。

そう!一人で戦っているなと思った時に、思ったんです。

怠けているんじゃない!戦っているんだ!

自画自賛かもしれませんし、どうかなとも思いましたが。。。

病気って苦しいです。雨の日や曇りの日に左右されるし、薬が効いた時と、聞かないときの気分は激しいし。。。

それでも生きて、戦っているんです。

あなたが、自分は戦っていると強く思えば、人に何か言われても少しは気持ちが楽になるかなと。

 

今は聞き流そう

 

最近、覚えた術です。

どうでもいい関係の人っているじゃないですか。近所の人だけど、付き合いはあるけど、話さなくちゃいけな人。

大切な付き合いの人。その人たちを、一回区分します。

よくないんですよ。でも、近所の人とか、あんまり会わない人とかって悪気は無いんですけど、たまにグサッという言葉を言われたり、こちらの気分次第で嫌味に聞こえたりするんです。。。

わかるんです。すべての人が、うつ病とか精神障がいの知識があるわけじゃないですから。絶対に、悪気は無いんです。

でも病気のためには、そういう人たちの言葉を聞き流すのも大事なんです。右から左に、もしくは別のことを考えて相槌だけは打っておく。

しかし、今だけです。病気は少しでも回復して、気持ちに余裕ができたら、ちゃんと聞けばいいんです。今は自分のためにいいんじゃないでしょうか。

 

療養期間こそ濃い日常

 

私も療養中なんですけど、今考えると、こんなに自分と向き合っていた日々は無いんです。

気持ちや体と向き合って、苦しいし辛いけど、その日々は多分、治ってもそれ以上のものはないかなって。

だって、治そうとしたり、不安と戦ったりする日々って、毎日が勝負ってことですよ。

生きている実感って、こういう時に感じるんだって。

働いていなかったり、休んでいたり、そんなことに罪悪感を覚える。でも、そういう日々って、ありそうで無かったんです。

人に言われたりする言葉は辛いです。でも、私は今、人よりも濃い日常を過ごしているんだと思えば、なんだか少しやり過ごせたんです。

 

まとめ

 

先日、本当に久しぶりに会った人に「頑張れ」って言われたんです。多分、その人に悪気は全くなかったんです。

でも、グサッときたんです。深く考えてしまったんです。

今のままではいけない。そう思ったんです。

何か私に大きな気持ちがなければ、私はこれからすぐに折れてしまう。

だから、今だけはこうしようと決めたんです。

治ったら、また変えていけばいいんです。

病気のためです。

読んでくださってくれる方々の回復、平和な日常を私は祈っています。